アニメができるまで

各分野のエキスパートによる分業制で、ハイクオリティかつスピーディに作品を生み出していくアニメ制作の世界。テレビアニメを例に、アナログとデジタルをうまく融合させた制作工程をのぞいてみよう!

登場人物紹介

アニメプロデューサー、アニメ監督、シナリオライター、キャラクターデザイナー、演出、絵コンテ、原画、作画監督、動画、色指定、仕上、美術監督、背景、撮影監督、デジタル撮影、CGクリエイター、編集、声優、音響監督、制作進行

  • 企画

    企画

    現在のアニメは、制作会社や放送局、出版社、スポンサーなどが集まった“製作委員会”によって企画がまとめられることが多い。会議が重ねられ、コンセプトやシリーズの構成、スタッフの人選や主要キャストなど、作品の枠組みが決められていく。

  • シナリオ

    シナリオ

    全体の流れを考えたシリーズ構成に従って、シナリオライターが各話の脚本を執筆。アニメ監督らがチェックを行い修正を加えていく。原作のあるアニメでも、再構成したり、オリジナルのストーリーをつくることが多い。

  • 設定・デザイン

    設定・デザイン

    キャラクターやメカのデザインをしたり、美術監督が“イメージボード”と呼ばれる絵で美術プランを検討、さらに色彩設計のスタッフが作品全体の色のテイストを決める。ここで生まれる世界観が作品のたたき台となる。

  • 絵コンテ

    絵コンテ

    絵コンテとは、アニメ監督・演出が脚本のイメージをビジュアル化したもの。カット割りやカメラワークなど、作品の演出面を決定する重要な作業だ。これをもとに各制作が進行する。

  • レイアウト

    レイアウト

    絵コンテで決まった映像の流れをより具体的に詰めていく段階。ひとつひとつの場面に対し、カメラアングルや映るものの配置などを決める。レイアウトはその後の作画スタッフにとって、映像の設計図となる。

  • 原画

    いよいよアニメを“描く”作業を開始。動きのポイントとなる各カットの原画を描き、タイムシートにタイミングを記入していく。作画監督が各スタッフが描いた絵のテイストを統一したり、動きを修正していく。

  • 動画

    原画をもとに、動きを中割りし、トレース。その後、確認・ 修正を行って仕上にまわされる。動画は鉛筆描きが普通で、ここまでは今でもアナログ作業が中心。

  • 仕上

    仕上

    場面ごとに異なるセルの色が色指定によって指示され、それをもとにスキャンした画像に彩色(ペイント)をする。かつては手塗りが主流だったが、現在はペイントソフトによるコンピュータ上の作業が中心となっている。

  • 美術

    美術

    レイアウトから起こされる“背景原図”をもとに背景画を作成。筆とポスターカラーなどによる手描きと、コンピュータ上のデジタル作業が混在しているパート。最近は3DCGによって背景がつくられることも多い。

  • 3DCG

    3DCG

    3DCGソフトを使用しモデリング(カタチを決める)、マテリアル(質感を決める)、マッピング(さまざまな効果や画像を貼りつける)などを行い、制作工程で必要なキャラクターや小物や背景などをCGで制作する。最近では、まるで手描きのアニメ絵のように見える3DCGアニメーションの作成も可能。

  • 撮影・特殊効果

    撮影・特殊効果

    セルや背景など、それぞれの素材をひとつに合成して映像化。現在はこれに加え、CGを使って画面にさまざまな特殊効果が加えられるようになった。

  • 編集

    編集

    バラバラにあがってくる場面を順番につなぎ、カットとカットの間の不要な部分を整理して、1本の映像にまとめる。カットの長さはコンテの段階ですでに決まっているので、実写ほど大胆な編集は少なく、微調整が基本。

  • アフレコ

    アフレコ

    各キャラクターを担当する声優が映像に合わせて、セリフを吹き込む。スケジュールの厳しい現状では、彩色前の借組みした映像を使うこともしばしば。同時進行で音楽や効果音も制作されている。

  • ダビング

    ダビング

    アフレコした声や、BGM、効果音などを映像に合わせてはめ込んでいく。できあがった映像が、テレビでオンエアされる。

  • アニメ完成