放送声優科の学生が映画『Into the Beat』のライブアフレコを披露

2022年3月30日

放送声優科の学生が映画『Into the Beat』のライブアフレコを披露
『28thキネコ国際映画祭』で、3/19(土)玉川高島屋S・C西館1階アレーナホールにて上映された映画『Into the Beat』(ドイツ・シュテファン・ウェステルウェレ監督作品)で、放送声優科13名の学生がライブアフレコを披露しました。

『キネコ国際映画祭』(28回は2022/3/18~3/22、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて開催)は、“子どもと大人が一緒に楽しむ国際映画祭”として1992年に誕生した国際映画祭です。国内外のアニメーション作品や実写作品が上映されました。またクロージングセレモニーでは授賞式が行われ、放送声優科の学生がライブアフレコを行った『Into the Beat』が、見事、キネコ審査員ティーンズ部門長編グランプリを受賞しました。

ライブアフレコを担当した学生たちにとって、とてもいい経験となりました。

『Into the Beat』
監督:シュテファン・ウェステルウェレ
ストーリー:
有名なバレエダンサーのパパをもつカティアにとって、バレエのレッスンは欠かせない毎日の日課だった。そんな中、公演中の事故でパパが大怪我を負い、自力で歩くことさえ困難な状態になってしまう。やるせない気持ちを抱えていたカティアはマーロンと出逢い、ヒップホップの魅力に引き込まれていく。バレリーナとストリートダンサー。積み重ねてきた世界と未知の世界。自分の進むべき道を模索する10代の物語。
  • ライブアフレコの様子

    ライブアフレコの様子
  • 『Into the Beat』監督:シュテファン・ウェステルウェレ ©️Lieblingsfilm, Wild Bunch

    『Into the Beat』監督:シュテファン・ウェステルウェレ ©️Lieblingsfilm, Wild Bunch
  • ライブアフレコに参加した学生たち

    ライブアフレコに参加した学生たち

ニュース一覧を見る

AO入学エントリー受付中
専門学校東京アナウンス学院の体験入学
高等教育の修学支援新制度の対象校
オンラインオープンキャンパス開催中

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP