新人監督の登竜門『PFFアワード2020』に映画制作科の卒業制作が入選!

2020年7月10日

映画制作科2019年度卒業制作『タヌキ計画』予告編

「第42回ぴあフィルムフェスティバル」のコンペティション部門『PFFアワード2020』の入選作品が発表され、映画制作科の2019年度 卒業制作『タヌキ計画』(監督・脚本:闕 郁莘)が入選しました。

『PFFアワード』は世界でも珍しい自主映画のコンペティションで、これまで多くの映画監督を輩出してきました。

 今年は4か月にわたるセレクションを経て、480本の応募作品の中から17本が入選。入選作品は、9月12日から26日にかけて国立映画アーカイブにて開催される「第42回ぴあフィルムフェスティバル」で2回ずつスクリーン上映され、25日に行われる表彰式にて最終審査員らにより各賞が発表されます。

--------------------------------------------
【PFFアワード2020 入選】
映画制作科2019年度卒業制作『タヌキ計画』
監督・脚本:闕 郁莘

あらすじ
2020年オリンピックに向かってどんどん増えていく在日外国人労働者の中で、一人のベトナム人“タンヤ”は、舌に貼ると顔や言語が日本人化する薬「タヌキ」と出会う。その薬を使ったタンヤは日本人姿で藤田多恵として理想的な仕事を得て、日本で良い生活を送っていた。けれどある日、職場の新人・神崎優香と出会い、親密になったことで、タンヤはより秘密を隠そうとする。そしてタンヤは日々の生活の中で薬の副作用に気づき...。

『タヌキ計画』ロケの様子(2019年9月実施)
  • 『PFFアワード2020』入選!映画制作科2019年度卒業制作『タヌキ計画』(監督・脚本:闕 郁莘)

    『PFFアワード2020』入選!映画制作科2019年度卒業制作『タヌキ計画』(監督・脚本:闕 郁莘)

ニュース一覧を見る

AO入学エントリー受付中
東放学園映画専門学校の体験入学
高等教育の修学支援新制度の対象校
東放学園映画専門学校の各種オンラインオープンキャンパス

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP