2019年6月10日

映像集団STUDIO4℃が制作!映画『海獣の子供』CGメイキングセミナーを実施しました

アニメーション映画『海獣の子供』予告【6/7(金)ロードショー】

STUDIO4℃のCGクリエーターによる映画『海獣の子供』メイキング&冒頭15分特別プレビューの特別講座を実施しました

STUDIO4℃のCGクリエーターによる映画『海獣の子供』メイキング&冒頭15分特別プレビューの特別講座を実施しました

本作にてクジラのCGを担当した平野浩太郎さん(STUDIO4℃)。

本作にてクジラのCGを担当した平野浩太郎さん(STUDIO4℃)。

カメラマップを担当した平原貫人さん(STUDIO4℃)。

カメラマップを担当した平原貫人さん(STUDIO4℃)。

講義を受講したアニメーション映像科の学生たち。

講義を受講したアニメーション映像科の学生たち。

 東放学園映画専門学校では6/7(金)の公開に先駆け、アニメーション映画『海獣の子供』のCGメイキングセミナーを実施しました。

 『海獣の子供』は、『鉄コン筋クリート』などのハイエッジな映像表現で世界から注目を集める映像集団STUDIO4℃の最新作。映画『ドラえもん』や『宇宙兄弟』などを手がけてきた渡辺歩が監督を務め、音楽を久石譲、メインキャストに芦田愛菜やピクサーアニメ『リメンバー・ミー』の吹き替えを務めた石橋陽彩らが揃う、今夏注目のアニメーション映画です。

 この日の講義は、STUDIO4℃から平野浩太郎さんと平原貫人さんを講師にお迎えし、『作画とCGを使ったアニメーションの作り方』というテーマで行いました。

 まずは本作冒頭の15分を鑑賞した後、クジラのCGアニメーションを担当した平野さんから、深海から超巨大なザトウクジラが出現するシーンのメイキングを見ながら、CGと手描きの作画を重ねてブラッシュアップしていく過程を解説していただきました。また平原さんには、カメラマップを使用して背景画を立体空間に配置させる技法についてお話しいただきました。

 CGと作画、エフェクトの合わせ方、クオリティーを上げるためのこだわりなど、第一線で活躍されているクリエイターの話を直接聞くことができ、学生たちは大きな刺激を受けたようです。

 絶賛公開中のアニメーション映画『海獣の子供』、ぜひ劇場でご覧ください!


≪映画 作品概要≫
【タイトル】『海獣の子供』
【公開表記】6月7日(金)全国ロードショー
【原作】五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)
【キャスト】芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン
      稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 / 田中泯 富司純子
【スタッフ】監督/渡辺 歩 音楽/久石 譲 キャラクターデザイン・総作画監督・演出/小西賢一 美術監督/木村真二  CGI監督/秋本賢一郎 色彩設計/伊東美由樹 音響監督/笠松広司 プロデューサー/田中栄子
【主題歌】米津玄師「海の幽霊」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
【アニメーション制作】STUDIO4℃
【製作】「海獣の子供」製作委員会
【配給】東宝映像事業部

©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会


オープンキャンパスOpen Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    8月25日 (日) ・9月15日 (日)

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    9月7日 (土) ・10月5日 (土)

  • イベント&スペシャル体験入学

東放学園映画専門学校

東放学園映画専門学校