2019年6月4日

テレビ局の心臓部とも呼ばれる“放送運行”に注目した「TBSグループゼミ」

「送出」も「回線センター」も、テレビ業界をめざす学生にとって必ず知っておくべき仕事!真剣に聴講し、知識を吸収していきます。

「送出」も「回線センター」も、テレビ業界をめざす学生にとって必ず知っておくべき仕事!真剣に聴講し、知識を吸収していきます。

 5/11(土)の「TBSグループゼミ」は、株式会社TBSテックスより放送運行のプロに来校していただき、「送出」「回線」の仕事について解説していただきました。

 「回線」は、放送素材を局内外に伝送するセクション。スポーツ中継で収録された映像や音声、お天気カメラの定点映像なども回線を介して局に送られてきます。

 「送出」は、テレビ局が番組を各家庭に届ける前の“最終ポイント”を担っているセクション。番組・CM・字幕・データ放送などすべての放送データを送り出しており、地震などの緊急速報やスポーツ中継の「番組を延長して…」の一文を表示させるのも送出の仕事です。

 いずれも正常に放送するために、365日24時間体制で業務にあたっているとっても重要な部署なんです。

 番組制作には直接関わらないけれど、放送局が番組をオンエアするためにはなくてはならない仕事。そんな「送出」「回線」にも目を向けて番組を見てみよう。


オープンキャンパスOpen Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    11月10日 (日) ・12月8日 (日)

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    10月26日 (土) ・11月16日 (土)

  • イベント&スペシャル体験入学

東放学園専門学校

東放学園専門学校