音楽業界に就職した人の志望動機

2019年9月24日

音楽は人を動かす大きな力を持っています。アーティスティックで華やかな音楽業界で活躍したいと思う人も非常に多いです。ここでは、コンサート関連、レコーディング関連など実際に音楽業界に就職した人の志望動機をまとめてみました。
音楽業界に憧れがあるけれど、まだ進路に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

コンサート、イベント関連職の志望動機

アーティストと一緒に各地を駆け巡り、音で人と人とをつなぐコンサート関連職は、ハードですが魅力いっぱいの職種です。

「憧れのミュージシャンと一緒にひとつのものをつくりあげたい」「たくさんの観客を感動させたい」などの動機からコンサートやイベントの関連スタッフになった方が多数います。
クリエイティビティにあふれる現場で、みんなでひとつのことを成し遂げるという高揚感にひかれる人もいるでしょう。
音響、照明など、専門の仕事を学校で学んで、その技術を生かしたいという人もいます。

実際にコンサート関連職として勤務しているスタッフは、観客として行ったコンサートでの感動体験を持つ人が多く、ひとつひとつのコンサートをつくり上げていくうえでの原動力になっているはずです。

レコーディング関連職の志望動機

機材の発達やリミックス曲のヒットが目立つ近年では「音響機材を駆使して音源にアレンジを加え、良い音楽をつくり出したい」とレコーディング関連職を志望する人が増えています。

音楽を楽しむ人は、ただメロディーや歌詞の良さだけでなく、いかに音がつくり込まれているか、気持ちよく聴けるかということも大事にしており、レコーディングの良し悪しが作品の良し悪しを決定づけることもあります。もちろんアーティストも重要視する部分であり、自分が気に入っているアーティストと一緒に良い作品をつくり上げる喜びを求める人もいます。

さまざまな音響機材の特徴を理解し操作する必要がありますから、電子機器系に抵抗がない、もしくはそういった機械をいじるのが好きだといった人も、レコーディング関連職をめざすことがあります。

夢に近づくための一歩はどう踏み出す?

音楽業界で夢を叶えるためには、どのような一歩を踏み出せばよいのでしょうか。
音楽業界といっても幅広い職種があります。漠然と「音楽に関わる仕事がしたい」と思っている場合はもちろん、自分がめざしたい職種が明確に決まっている場合でも、音楽関連の専門学校を見学することをおすすめします。

見学だけで自分のめざす職種が決められない場合は、専門学校で学びながら職種を絞っていくことが可能です。
また、自身のめざす職種が明確に決まっている場合は、専門学校に進むことで必要な知識と技術を効率よく身につけることができます。
音楽業界で活躍するために音楽関連の専門学校を卒業することは必須ではありませんが、音楽業界のいろはを学び、基礎をかためることで、就職に有利になる場合があります。

憧れの音楽業界に飛び込みたいなら、音楽関連の専門学校をぜひ検討してみてください。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP