映画業界へ一直線!
“2年間”で映画制作のプロになろう!

映画監督、カメラマン、照明、録音、美術、編集、シナリオライター…。それぞれのエキスパートがそろってはじめて、総合芸術である映画は完成します。映画制作科では2年間でその幅広い仕事の基礎をマスター。どんなスタッフとしても活躍できる技術とセンスを身につけていきます。また、校舎地下に撮影スタジオを完備するほか、4Kデジタルカメラ「RED」を導入するなど、機材・設備も充実。講師も映画業界で活躍するプロをそろえ、現場の空気をそのまま伝えています。

めざす仕事

映画監督/映画カメラマン/照明技師/録音技師/
編集/
シナリオライター/スクリプター/制作/
映画プロデューサー

映画制作科 コマーシャル映像

学びのポイントPoint

映画制作科のポイントを紹介

POINT1

演出から技術、シナリオまで“2年間”で
映画制作のすべてを学ぶ幅広いカリキュラム

映画の制作現場には、監督、シナリオライター、撮影、照明、録音、美術、編集、スクリプター、制作、プロデューサーなど、さまざまなパートのスタッフがいて、それぞれの役割を担うことで、映画が完成します。映画制作科では、1年次に多くの職種について幅広く基礎から学び、2年次に各パートについてより専門的に学んでいきます。また、職種ごとのコースに分かれていないため、さまざまな実習授業をとおして、各自の適性に合った職種をみつけることができます。

  • ロケでの映画撮影
  • 出演者に演出面で指示を出す
POINT2

講師陣は映画界のプロ!
現場で通用する技術とセンスを身につける

映画界の第一線で活躍中のプロが直接指導する実習をとおして、即戦力となる個々の技術とチームワークを身につけていきます。

  • チームでの映画制作を学ぶ 現役の監督などプロが直接指導。チームでの映画作りを学ぶ。
  • 現役映画監督が直接指導 映画監督 鹿島 勤先生(76年度卒)
    『25 NIJYU-GO』『黄龍 イエロードラゴン』『静かなるドン THE MOVIE』ほか
POINT3

映画の設計図“シナリオ”の書き方を
ト書きやセリフ、書式などの基礎から学ぶ

映画の設計図であるシナリオのト書き(動作や状況)やセリフ(話す言葉)、柱(シーンの場所や時間)など、書き方の基礎からストーリー構成、場面の転換方法などを学びます。最終的にはオリジナルのシナリオ作品を書きあげます。

  • 映画シナリオの書き方を学ぶ
  • 台本(脚本)
POINT4

業界標準の機材や設備を使用して
自主映画を制作する!

映画制作科では、撮影、照明、録音、編集など、基本的な機材の取り扱いは全員が学び、使い方を学んだ機材は、授業時間以外にも貸し出しています。自主映画制作でクリエイターとしての実績を積み、コンテストなどに応募します。

  • 撮影機材は貸出しOK 機材は自分たちで準備し、動作チェックをします。
  • 最先端の撮影機材も自主映画制作で使用できる 自主制作で、映像表現のセンスとテクニックを磨きます。
POINT5

多くの学生作品を映画祭や
コンペティションに出品。
「東京学生映画祭」グランプリなど、
さまざまな賞を受賞!

これまで多くの映画監督を発掘してきた「PFFアワード」や「なら国際映画祭」、「東京学生映画祭」など、映画祭や映画コンペティションに学生作品を出品し、さまざまな賞を受賞しています。「第29回東京学生映画祭」では2016年度卒業制作作品の『チョンティチャ』(監督・福田芽衣さん、16年度卒)がグランプリを獲得しました。

  • 第29回東京学生映画祭授賞式「第29回東京学生映画祭」授賞式での福田芽衣さん
  • ぴあフィルムフェスティバル・なら国際映画祭・東京国際映画祭
POINT6

第70回カンヌ国際映画祭に
卒業制作作品『溶ける』がノミネート!

世界3大映画祭のひとつ、カンヌ国際映画祭。そのシネフォンダシオン部門(学生作品部門)に、世界中から応募のあった2600作品中の16作品の中に選ばれ、映画制作科2015年度卒業制作作品『溶ける』(監督:井樫彩さん、15年度卒)が上映されました。

監督・井樫彩さんのコメント

カンヌ国際映画祭では、映画というもの、表現、感性など、世界は広いのだということを、肌で感じました。観ていただけたこと、「あなたの映画が好きだった」と声をかけてもらえること、一つひとつが本当にうれしかったです。国を越え、人種を越え、映画というものの豊かさをあらためて感じました。

  • カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門
  • カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門にノミネートされた映画『溶ける』映画『溶ける』

おもなカリキュラムMain curriculum

映画制作科のカリキュラムを紹介

  • ドラマ制作・ショートフィルム制作

    ドラマ制作/ショートフィルム制作

    短編映画の制作(ロケハン、キャスティング、撮影、編集)をとおして、映画制作に必要な知識と技術を習得。監督・カメラマン・照明・録音・編集などのスタッフワークを身につけます。

  • シナリオ基礎/シナリオ演習Ⅰ・Ⅱ

    シナリオ基礎/シナリオ演習Ⅰ・Ⅱ

    映画の設計図となるシナリオ独特の形式や書き方、ストーリー構成法などをマスターし、個々の感性が光るオリジナル作品を書きあげます。

  • 特撮・VFX実習

    特撮・VFX実習

    雨や湯気などの合成、ブルーバックを使用した撮影法など、映画表現で不可欠な特殊効果や実写合成の技術を習得します。

  • 編集基礎/編集実習

    編集基礎/編集実習

    映画編集の代表的なアプリケーション「Premiere Pro」「Avid」を使って、ノンリニア編集の基本を習得するとともに、映画編集センスを磨きます。

おもな卒業生Major graduates

エンターテインメント業界で活躍する卒業生を紹介

映画監督 堤 幸彦さん

映画監督

堤 幸彦さん
(78年度卒)

おもな仕事・作品・番組など

映画『真田十勇士』
映画『天空の蜂』
日本テレビ系『ぼくらの勇気 未満都市2017』

在校生インタビューStudent's voice

この学校・学科を選んだ理由と入学後の感想を紹介

映画制作科 中嶋 美咲さん

映画制作科

中嶋 美咲さん
(18歳)

「まずは“現場をうまくまわせる助監督”に」

詳しく見る

最新ニュースNews

東放学園映画専門学校 映画制作科のニュースを随時更新!

  • 映画制作科 学生作品 学生作品映画館 シアター104


オープンキャンパスOpen Campus

映画制作科の体験入学模擬授業が体験できます!

イベント楽しくてためになる催し満載

グループ校のおすすめ
オープンキャンパスGroup schools OpenCampus

  • 放送芸術科「テレビ番組をつくってみよう!」

  • 放送技術科「テレビ番組撮影・編集入門」

  • 演技科「ドラマ・映画俳優レッスン」

東放学園映画専門学校

東放学園映画専門学校