在校生スクールライフ/映画制作科

毎日欠かさず映画を観るようにしています!

映画制作科

関取寿真さん

長野県国立長野工業高等専門学校 出身

映画制作科 関取寿真さん

志望職種に関係なく映画制作について幅広く学べることに惹かれた

“映画の仕事”を意識するようになったきっかけは、高専時代に見ていた昔の映画。小津安二郎監督作品を見たとき、「時代を超えて“いいな”と思えるってすごいなぁ」と衝撃を受けたんです。東放学園を選んだのは、志望職種に関係なく映画制作について幅広く学べることに惹かれたから。僕は監督志望ですが、演出だけでなく技術系の他部署のことも知っていることで、表現の幅を広げることができるんじゃないかと思いました。いまはたくさんの映画を観たり、長期休暇中に自主映画を撮ったりと、学校以外でも映画漬けの毎日。まずは自分の作品を完成させて実績をつくりたい! 映像や音など“映画ならではの表現”にこだわっていきたいです。

時間割

(関取さんの場合)

1 9:00~9:45
2 9:45~10:30 ドラマ制作 映画表現史Ⅰ 作品鑑賞Ⅱ 演技演出実習
3 10:40~11:25
4 11:25~12:10
5 13:00~13:45 Photoshop・
Illustrator
シナリオ演習Ⅰ ドラマ制作
6 13:45~14:30
7 14:45~15:30 進路対策講座Ⅰ
8 15:30~16:15 撮影テクニック
9 16:30~17:15 演出・
編集のココロ
10 17:15~18:00
11 18:10~18:55 関谷ゼミⅠ
12 18:55~19:40

※時間割は学年やクラス、個人によって異なります。

スクールライフフォト

監督としてロケに挑みました!

監督としてロケに挑みました!

1・2年合同の「関谷ゼミ」では、班に分かれてMVを制作。楽曲の持つテーマを表現するためモノクロ撮影にも挑戦しました。

外部のMAスタジオでダビング作業

外部のMAスタジオでダビング作業

2年生の「卒業制作」にフォーリー(音響効果)として参加。“音”よる演出により興味が湧いてきました!

自宅には映画のBlu-rayがズラリ

自宅には映画のBlu-rayがズラリ

時間がある日は3〜4本見ることも。お気に入りはロベール・ブレッソン監督の『少女ムシェット』とアンドレイ・タルコフスキー監督の『鏡』。

1ヶ月の収支

収入

  • 奨学金 110,000円

支出

  • 家賃 74,000円
  • 光熱費 5,000円
  • 食費 15,000円
  • 携帯電話代 7,700円

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP