アニメーション・CG科 2年制専門課程 アニメーター・アニメ監督・キャラクターデザイナー【アニメ、アニメーター、専門学校】

アニメ制作の全工程を学べるのが最大の特長!
幅広いスキルを習得しよう!!

東放学園のアニメ制作系学科は1988年に誕生。以来32年に渡り、アニメ業界で活躍できる人材を育成してきました。このたび、アニメ制作現場で主流となりつつある作画と3DCGを組み合わせた“ハイブリッドな絵作り”に注力すべく、学科名も新たに「アニメーション・CG科」として生まれ変わります。本科では、2年間でアニメ制作の全工程を学び、総合的に専門知識と技術を習得します。

めざす仕事

アニメーター/作画監督/キャラクターデザイン/イラストレーター/制作進行/演出/アニメ監督/仕上/色彩設計/撮影/CGアニメーター/CGクリエイター

アニメーション・CG科 学科紹介ムービー

学びのポイントPoint

アニメーション・CG科のポイントを紹介

POINT1

日本のアニメ制作現場で主流となっている作画と3DCGが融合したアニメ制作を学ぶ

日本のアニメ制作現場では、作画と3DCGを組み合わせた“ハイブリッドな絵作り”が主流となっています。本科では1年次の基礎科目から3DCGを取り入れ、実践的な作品制作をとおして、最新のアニメ制作の知識や技術を幅広く学ぶことができます。

  • キャラクター・背景ともに3DCGで制作した学生作品『Double Bubbles』キャラクター・背景ともに3DCGで制作した学生作品『Double Bubbles』
  • 3DCGを手描きアニメの質感にする「セルシェーディング」と呼ばれる技法を使用3DCGを手描きアニメの質感にする「セルシェーディング」と呼ばれる技法を使用
  • 2Dで描いたキャラクターデザイン2Dで描いたキャラクターデザイン
  • 3DCGで作成したドラゴンのモデリング画面。ワイヤーフレームを表示した状態3DCGで作成したドラゴンのモデリング画面。ワイヤーフレームを表示した状態
  • 3DCGモデルをレンダリング。ここから特殊効果を加えて質感を出していく3DCGモデルをレンダリング。ここから特殊効果を加えて質感を出していく
  • 3Dで制作したドラゴンを2Dで描いた女の子や背景となじませた完成画3Dで制作したドラゴンを2Dで描いた女の子や背景となじませた完成画
POINT2

アニメ業界で活躍するクリエイターから最新の業界動向と実践的なテクニックを学ぶ

本科ではアニメ業界の第一線で活躍するクリエイターやスタッフをゲストに迎え、直接話を聞く機会を多数設けています。携わった作品の制作エピソードや経験談を交えながら、最新の業界の動向を学生に伝えています。

  • 『劇場版ポケットモンスター ココ』のキャラクターデザイン・総作画監督の丸藤広貴さんの特別講座では、学生が描いた作画を添削してもらいました。『劇場版ポケットモンスター ココ』のキャラクターデザイン・総作画監督の丸藤広貴さんの特別講座では、学生が描いた作画を添削してもらいました。

特別講座 ゲスト講師

丸藤広貴さん キャラクターデザイン・総作画監督
おもな作品:『劇場版ポケットモンスター ココ』『甲鉄城のカバネリ』『ルパン三世』
古城 環さん (株)スタジオジブリ 制作部 副部長
おもな作品:『思い出のマーニー』『かぐや姫の物語』『風立ちぬ』ほかスタジオジブリ作品
りょーちもさん クリエイター
おもな作品:『夜桜四重奏~ハナノウタ~』『亜人』 『正解するカド』/ MV『白銀』Eve
磯部真彩さん (株)プロダクション・アイジー アニメーションプロデューサー
おもな作品:『銀河英雄伝説Die Neue These』『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』
井出直美さん (株)ディオメディア キャラクターデザイン・総作画監督
おもな作品:『艦隊これくしょん -艦これ-』『あひるの空』
福田 光さん (株)EOTA 撮影監督・モニターデザイン
おもな作品:『赤髪の白雪姫』『機動戦士ガンダム00』『A.I.C.O. Incarnation』『22/7』

※2019年度実績(一部抜粋)

POINT3

ドリル形式の課題をとおして段階的にアニメ制作技術をスキルアップ

1・2年次とおして取り組む「スキルアップドリル」では、学生一人ひとり異なる志望職種や上達したいポイントに合わせた課題を用意。課題提出→添削→個別指導→リテイクを繰り返す中で、苦手克服と得意分野の強化を図ります。

作画の課題

  • 本科オリジナルの作画トレーニング課題を使い、中割りの技術を磨きます。「口パク」「目パチ」「髪のなびき」「振り向き」「歩き」など、基本的な動きが描けるようになることを目標としています。
  • 3DCG(モデリング)トレーニングの課題

    3DCG(モデリング)トレーニングの課題
  • イラストの構図や完成度UPの課題

POINT4

絵が描けなくてもアニメ制作に関われる仕事=“制作進行”の役割とノウハウを学ぶ

スケジュール・品質管理の面からアニメ制作に携わる“制作進行”には、作画やCGのように絵を描くスキルではなく、アニメ制作の全工程に関する幅広い知識が求められます。本科ではグループによる作品制作をとおして総合的にアニメ制作を学び、制作進行としての判断力やノウハウを身につけていきます。制作進行を経て、プロデューサーや脚本、演出、監督へとキャリアアップをめざします。

制作進行とは

アニメ制作をスムーズに進行させるために動く“各部署の橋渡し役”。素材や情報の引き渡し、進行状況の確認、スケジュール管理などを担っています。

制作進行とは

POINT5

“映画の学校”だからこその授業!アニメと実写に共通する映像の基本ルールと演出理論を学ぶ

アニメや3DCGも“映像作品”。本科では、実際にカメラ・照明・録音などの機材を使って映像を撮影し、構図やカメラワーク、光の当たり方、編集のつなぎ方など、アニメと実写に共通する映像の基本ルールと演出理論を学びます。

  • カメラや照明、録音など実写撮影で使う機材が揃っていますカメラや照明、録音など実写撮影で使う機材が揃っています
  • 実際に撮影した素材を使って映像編集の基本を習得します実際に撮影した素材を使って映像編集の基本を習得します
POINT6

産学連携プロジェクトとしてTHE BINARYのMV『ヨヰシグレ』を制作を制作!

2.5Dアーティスト・THE BINARYからの依頼で、1stアルバム『Jiu』に収録されている楽曲『ヨヰシグレ』のMVを本科2年生12人が制作しました。THE BINARYは、midoさんとあかまるさんの2名からなるユニット。「第三のスキン」と呼ばれる3Dアバターを持ち、リアルでもバーチャルでもライブを行う次世代アーティストです。企画から制作(キャラクターデザイン・絵コンテ・作画・仕上・撮影・編集など)まで、すべての制作過程を学生たちが担当しました。

MV『ヨヰシグレ』あかまる(THE BINARY)
Skin Design:みつきさなぎ

  • ■キャラクターデザイン・小物・色指定

    キャラクターデザイン・小物・色指定
  • ■絵コンテ

    絵コンテ
  • ■作画

    作画
  • ■撮影

    撮影

おもなカリキュラムMain curriculum

アニメーション・CG科のカリキュラムを紹介

  • 基礎造形(デッサン)

    基礎造形(デッサン)

    物の形や質感を正確にとらえて表現する力、空間の成り立ちを理解して的確に描く力を身につけます。

  • キャラクター表現ゼミ

    キャラクター表現ゼミ

    キャラクターデザインの方法論を学び、課題制作をとおして、さまざまなシチュエーションでデザインします。

  • アニメ作画

    動きのメカニズムを物理的に理解し、アニメーターに必要なレイアウト、原画、動画のテクニックを磨きます。

  • 3DCG I・Ⅱ・Ⅲ

    「3ds Max」を使って、3DCG制作の基礎を習得。モデリングやレンダリングなどさまざまな技術を学びます。

おもな卒業生Major graduates

エンターテインメント業界で活躍する卒業生を紹介

  • 撮影監督・モニターデザイン 福田 光さん

    撮影監督・モニターデザイン

    福田 光さん
    (05年度卒)

    (株)EOTA

    おもな仕事・作品・番組

    アニメ『赤髪の白雪姫』、アニメ『機動戦士ガンダム00』、アニメ『A.I.C.O. Incarnation』、アニメ『22/7』

    インタビューを読む

    映像・アニメの仕事に興味をもったきっかけは?
    高校卒業後は建築デザインの専門学校に進学し、一度は建築関係の仕事に就こうと思っていましたが、“自分が本当に興味のあることを仕事にしたい”と思うようになり、心機一転映像業界をめざすことに。そのころたまたまデパートで流れていた細田守監督の『デジモンアドベンチャー』を見て、その映像に引き込まれてしまった経験も大きなきっかけになりました。のちに『おおかみこどもの雨と雪』に撮影スタッフとして参加したときは、「細田作品に参加する」という大きな夢がひとつ叶ってうれしかったです。
    東放学園でどのような学生時代を過ごしましたか?
    東放学園は、アニメだけでなく映像制作についてマルチに学べるところが魅力でした。在学中は、とにかく技術や知識を身につけることに貪欲だったと思います。「ここで学んだことを絶対に仕事に繋げるぞ」という強い思いで過ごした学生時代に身につけた“学ぶ姿勢”は、現在仕事をしていく上でも大きなプラスとなっています。
    現在の仕事について教えてください。
    東放学園卒業後は株式会社ボンズに入社。『NO.6』『棺姫のチャイカ』『赤髪の白雪姫』(撮影監督)、『機動戦士ガンダム00』(モニターグラフィックデザイン)など多くのアニメ作品に携わってきました。現在は2020年4月に設立されたばかりのツインエンジングループ会社・EOTAの撮影ユニットの長として、ショートアニメを主軸にテレビアニメやCM、MV、ゲーム内アニメーションなどを手掛けています。
    この仕事のやりがいは?
    より気持ちのよい表現を求めて、新しい技法を模索し続けることにも力を入れています。アニメ『NO.6』では、2Dで描かれた背景の木々をパーツごとに揺らして“風”を表現したことで、“テレビアニメで木をざわざわと揺らした最初の人”と言われています(笑)。 やりがいを感じるのは、手がけたものに対して業界の先輩方から「すごいね」と言ってもらえたとき。「このエフェクトなら福田に頼もう」と言っていただけるまでになり、自分に実力がついてきたんだと実感できてうれしいですね。

在校生スクールライフStudent’s Life

在校生のリアルな学園生活を紹介

アニメーション・CG科 関 柊斗さん

アニメーション・CG科

関 柊斗さん

アニメ制作のまとめ役・
制作進行として作品づくりに携わりたい!

詳しく見る

日本全国47都道府県出身 在校生VOIC

最新ニュースNews

アニメーション・CG科のニュースを随時更新!

  • アニメーション・CG科の学生作品集 アニコレ
  • 東放学園映画専門学校 アニメーション・CG科Twitter


オープンキャンパスOpen Campus

日程からオープンキャンパスを選べます

スペシャル体験入学通常体験入学の特別版です

アニメーション・CG科の体験入学模擬授業が体験できます!

イベント楽しくてためになる催し満載

説明会・相談会悩みやギモンはここで解決

グループ校のおすすめ
オープンキャンパスGroup schools OpenCampus

  • 放送声優科「アニメのアテレコ体験」

  • 放送音響科「アニメに音をつけよう!」

  • 音響技術科「映像に音楽や効果音をつけてみよう!」

東放学園映画専門学校

東放学園映画専門学校