保護者の方へ

エンターテインメントは日本が世界に誇る産業。
お子さまの夢を東放学園とともに応援しましょう!

「クールジャパン」に代表されるように日本のエンターテインメントは世界に認められた大きな産業です。一見チャラチャラした世界に思われがちですが、そこに従事する人たちはいたって真剣に取り組み、最先端のエンターテインメントを作り上げています。私ども東放学園では、そんな素晴らしいエンターテインメント業界の次代の担い手を全身全霊で育成しています。お子さまのやりたい気持ち、子どものころからの夢をぜひ応援してあげてください。東放学園も全職員一丸となってバックアップしていきます。

エンターテインメントは日本が世界に誇る産業。お子さまの夢を東放学園とともに応援しましょう!

東放学園はTBSの教育事業本部を前身として設立された専門学校です。

TBSの教育事業本部が設立した学校を前身として創設した東放学園。テレビ・ラジオ・映画・アニメ・声優・コンサート・音楽・芸能の世界で活躍できるプロを育成しています。“エンターテインメントの現場から生まれた学校”ならではの教育ノウハウと就職・デビューサポートが充実。ここで学ぶことが、プロへの近道なのです!

▲1972年当時の東放学園

東放学園は東京都から認可された専門学校です。

学校法人東放学園は修業年限や授業時間数などの基準を満たした東京都の認可校です。無認可教育施設とは異なり、通学定期券の学生割引や公的奨学金、教育ローンなどを利用することができます。また卒業時に「専門士」の称号が付与され、公務員の採用試験やさまざまな国家試験の受験資格なども短大卒とほぼ同等の扱いになります。また大学への編入学の受験も認められています(編入は各大学の基準に準拠)。

専門学校と無認可教育施設の違い

表の閲覧方法表を指で左右にスワイプ(横にスライド)してください。

表の閲覧方法
表を指で左右にスワイプ(横にスライド)してください。

 
通学定期 公的奨学金 教育ローン 国民年金保険料 勤労学生控除(所得控除) 学歴 「専門士」の称号 監督庁 法律
  専門学校(東放学園) 無認可教育施設
通学定期学生割引あり学生割引なし
公的奨学金利用できる利用できない
教育ローン利用できる利用できない
国民年金保険料申請により納付猶予納付の義務
勤労学生控除(所得控除)対象になる対象にならない
学歴専門学校(専修学校専門課程)卒業公的には認められない
「専門士」の称号付与
監督庁東京都知事なし
法律学校教育法第124条なし

出典:『東京都専門学校概要2019』より

東放学園キャリアサポートセンターと就職・デビューアドバイザーによる充実サポート

東放学園には、各校舎に常駐する就職・デビューアドバイザーのほか、東放学園グループ4校の就職・デビュー総合窓口「東放学園キャリアサポートセンター」を設置しています。本学園の教職員が一丸となって、在校生の就職活動、デビュー活動などを全面的にサポートしています。また、「学内企業説明会」や「就職セミナー」を定期的に開催。就職&デビュー担当アドバイザーによる個別相談など、さまざまな形でバックアップしています。また、「東放学園キャリアサポートセンター」は卒業後も利用可能です。

東放学園キャリアサポートセンターと就職・デビューアドバイザーによる充実サポート

安心・清潔・快適な「東放学園指定学生寮」をご紹介しています。

東京でのひとり暮らしをお考えの方に、有意義な学生生活を送っていただけるよう、東放学園が業務提携をしている(株)共立メンテナンスの「指定学生寮」をご紹介しています。「指定学生寮」では、震災など有事の対応から、学習時間の確保、健康管理(規則正しい食事生活、傷病時の対応)、住み込みの常駐管理による防犯対策などで、学生生活を支援しています。寮生活では、ふれあいの中から協調性を学び、さまざまな価値観にふれることで大きな成長を促していきます。学業だけではない“もう一歩進んだ学生生活”を提案します。

安心・清潔・快適な「東放学園指定学生寮」をご紹介しています。

指定学生寮の4つのサポート

  • 1.食事
    朝・夕2食の手づくり料理で、体調管理もしっかりサポートします。
  • 2.安心
    寮長夫妻が常駐で、防犯・安全対策も万全です。
  • 3.居室
    必要な家具・備品は備え付け。引っ越し・初期費用を軽減できます。
  • 4.設備
    清潔・便利・快適、充実した共用設備がそろっています。

学生寮について

在校生とその保護者のためのメンタルヘルスカウンセリングサービス「こころとからだの相談ダイヤル24」開設

入学後間もない学生の中には「友だちとの人間関係で悩んでいる」「授業についていけず不安」「最近体調がすぐれない」など、生活環境の変化により、さまざまな悩みを抱えている人も少なくありません。もちろん、こういった学生が抱える悩みに対しても教職員一同真摯に相談対応していきますが、心や体の病については対応しきれない部分もあります。そこで、学生の心と体の病について専門的に対処すべく、本学園では外部健康・メンタルサポート専門会社と連携し、「こころとからだの相談ダイヤル24」を開設しています。これは電話にて健康相談やメンタルヘルス相談に対応するもので、24時間体制でサポートしています。在校生の保護者の方も利用できますので、何かありましたらぜひご利用いただけたらと思います。

在校生とその保護者のためのメンタルヘルスカウンセリングサービス「こころとからだの相談ダイヤル24」解説<

奨学制度や教育ローンなど学費サポートをご利用ください。

東放学園では、本学園独自の奨学制度を設けて、エンターテインメントの世界をめざす方々を学資の面からも積極的にサポートしています。また、日本学生支援機構などの奨学制度や教育ローンもご利用いただけます。

  • 東放学園の奨学制度
    ■東放学園特待奨学生制度(特待生チャレンジ)
    ■東放学園卒業生子女奨学金制度
    ■東放学園卒業生・在校生 兄弟姉妹奨学金制度
    ■東放学園特別育英奨学生制度
    ■TOHO会『夢応援』奨学金制度(2年生対象)
    ■東放学園奨学金制度(2年生対象)
  • その他の奨学制度
    ■日本学生支援機構の奨学金
    ■東京都育英資金(東京都在住者対象)
    ■新聞奨学生制度
  • 教育ローン
    ■国の教育ローン
    ■民間金融機関教育ローン

詳しくは、「2020年度 募集要項」をご覧ください

在校生 親×子インタビュー

保護者さまの心配、お子さまの夢にかける情熱。どちらもいまだから話せる本音を語っていただきました。

(親)山田 悦子さん ×(子)山田 颯樹さん(東放学園音響専門学校 音響技術科在籍)

(親)山田 悦子さん ×(子)山田 颯樹さん
(東放学園音響専門学校 音響技術科在籍)

最後に決めるのは子ども自身。背中を押して送り出してあげるのが親の役目。

――進路の話し合いはいつ頃から?

 高校2年生の夏休み頃に「将来なにをしたい?」という話から、音楽・音響関係に進みたいという希望を伝えたのが最初です。

 もともとは「幼稚園の先生になろうか」なんて言っていたじゃない(笑)?いずれにせよ、エレクトーンを習っていたので音楽の経験が活かせる仕事がよかったようです。ただ高校では、ほとんどの子が大学進学だったこともあり、音響技術をめざすにしろ、この子もその方面の大学に行くのかなとは思っていましたね。

 専門学校を選んだのは、塾の先生からの「音響技術を学ぶなら、大学でなくても専門学校という選択肢もあるよ」というアドバイスが大きかったよね。

 そうね。音大にも音響技術を学べる学科はありますが、4年で大きなお金を費やして学ぶことを考えたら…2年で必要な技術が習得でき、早く社会に出られるのは大きなメリット。最後に決めるのは本人ですし、やる気があるならと送り出すことに決めました。

――学校選びはどのように進めましたか?

 父も含めて一緒にいくつか見学しました。やっぱり見てもらったほうが安心だから。

 東放学園は、エンターテインメント業界に特化した学校だけに、先生も若くてフレッシュな方が多いという印象を受けました。あと、地方にこういう専門職のための学校はあまりないから、学生さんもいろんな地域から集まってきた人が多くて楽しそうでしたね。

――入学後の颯樹さんに変化はありますか?

 同じ目標や方向性を持った人ばかりだから、そういう部分では高校のときよりも充実しているかもしれません。同志がたくさんいる環境はいいなと思いますね。文化祭などの行事を拝見しても、楽しみながら一生懸命にやっている様子が伝わってきます。

――颯樹さんの将来の目標は?

 コンサートの音響を担うPAをめざしています。東放学園は音響ひとつとっても、レコーディングやライブ、映像の音作りなど、入学後にいろんな道を考えられるのがいいですね。その分迷いますけど(笑)。

 まだ迷ってるほうがいいのよ(笑)。せっかく入学したのだから、しっかりと通い続けるのはもちろん、2年間で吸収できるものはすべて吸収するくらいの気持ちで学んでほしいですね。

――進路選択を控えた保護者の方になにかありましたらお願いできますか?

 ぽんと背中を押してあげるくらいの余裕を持って送り出してあげてほしいです。もちろん、学校に入れば困ったことも悩みも出てくるでしょうが、周囲は同じ夢をめざす人ばかり。支え合ってがんばっていく姿がきっと見えてくると思います。

進学指導の現場から~高校教諭からのメッセージ

東京都立王子総合高等学校は、100を超える多様な選択科目を設置し、学生一人ひとりの個性を伸ばす教育を実践している総合学科高校。2011年の開校以降、毎年卒業生の方が東放学園に入学しています。今回、同校で進路指導を担当されている竹内一仁先生に、進路選択へのアドバイスをいただきました。

東京都立王子総合高等学校 進路相談部主任 主幹教諭 竹内 一仁先生

東京都立王子総合高等学校
進路相談部主任
主幹教諭
竹内 一仁先生

専門学校=就職先の意識で将来像をしっかり見据え、安心・信頼できる学校選びを。

――竹内先生が進路指導の場で留意なさっていることは?

我が校は総合学科高校ですので、いろんな分野にチャレンジしたい子たちが入学してきます。進路も大学、短大、専門学校、就職と多岐に渡りますが、成績だけで進路を振り分けるといった押し付けはせず、本人の希望をできるだけ叶えてあげたいと考えています。ですから、まずは本人から「なにをしたいのか?」を聞き出すことが第一歩。そこから具体的な進路指導を進めていきます。

――エンタメ業界という進路について、竹内先生はどんなお考えをお持ちですか?

やはりリスクもあると思いますし、しっかりした決意が必要だとは思います。華々しさだけに憧れるのではなく、映画やテレビ番組といった作品は、大変な苦労のもとにつくりあげる世界なのだという認識が必要です。それでもやりたいという気持ちがあれば、もちろん応援しますし、そうした意志の確認は、私たちも指導の場で心がけています。

――学校選びで重視すべきことは?

送り出す我々の側からしてみると、“安心でき、信頼できる学校”を選んでほしいですね。東放学園さんは歴史もあり、1期生の時代から、毎年のように卒業生もお世話になっています。我々はよく“老舗”という言い方をするんですが(笑)、入学から卒業後の就職まで、安心しておまかせできる学校という印象はあります。

――学校見学などで大事なポイントは?

オープンキャンパスは、できるだけ複数の学校を訪問するようにと伝えています。最初に行った学校の雰囲気に圧倒されてしまい、一目惚れしてしまうケースが多いですからね。いろいろと比較検討した上で、落ち着いて判断することが大事です。

――専門学校の教育に望むことは?

技術とともに“人”をしっかり育てていただくことです。自立した大人として社会に羽ばたけるよう、人格教育も含めた指導をお願いできればと思います。

――最後に、保護者の方々にアドバイスをいただけますか?

専門学校で最新の技術を学んでおくことは、やはり一つの選択肢になると思います。専門学校を選ぶことは、すなわち就職先を選ぶこと。将来の仕事をしっかりと見据えたうえで、信頼できる学校を見つけていただくことが一番だと思います。

ご相談はこちらまで!お子さまとご一緒に体験入学にもご参加ください

  • 部活動などで平日都合がつかない高校生にオススメ 高校生・保護者のための説明会
  • ご自身の都合にあわせて相談したい方にオススメ!個別相談会 月~金曜日 要予約

体験入学時にも保護者説明会を開催していますので、ぜひご参加ください


オープンキャンパスOpen Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    模擬授業/学校・学科説明/入学制度説明/校舎見学/個別相談

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    学校・学科説明/入学制度説明/校舎見学/個別相談

  • イベント&スペシャル体験入学