奨学制度・教育ローン

東放学園の奨学金制度

東放学園では独自の奨学制度や表彰制度を設け、エンターテインメントの世界をめざす方々をサポートしています。出願前に申請して入学手続時に利用できるものと、入学後に利用できるものがあります。
※教育ローン・その他の奨学制度等については「サポート制度」をご覧ください。

入学手続時の学費が免除される奨学金

■東放学園特待奨学生制度【学費の一部免除】
東放学園特待奨学生制度は、将来性ある優れた能力を有する者に奨学金として学費を免除することにより、更なる活躍を奨励することをおもな目的としています。
特待奨学生の学費免除額(特待生チャレンジの採用例)
・2年間の「授業料」を全額免除
(1年次前期37万円・後期37万円、2年次前期37万円・後期37万円)
・1年次の「前期授業料」を30万円免除
・1年次の「前期授業料」を15万円免除
※出願前の資格認定審査が必要です。詳しくは「特待生チャレンジ」をご覧ください。

■東放学園卒業生子女奨学金制度【入学金半額免除】
本学園卒業生の子女が入学する場合に入学金の半額を免除する制度です。本人または卒業生からの願い出に基づき採用を決定します。
※出願前に入学相談室までお問い合わせください。
(出願時に「卒業生子女入学申請書」の提出が必要です)

■東放学園卒業生・在校生 兄弟姉妹奨学金制度【入学金半額免除】
本学園卒業生または在校生の兄弟姉妹が入学する場合に入学金の半額を免除する制度です。本人または卒業生・在校生からの願い出に基づき採用を決定します。同年度に兄弟姉妹が入学する場合も申請可能です。
※出願前に入学相談室までお問い合わせください。(出願時に「兄弟姉妹入学申請書」の提出が必要です)

入学後に給付または学費が免除される奨学金

■東放学園奨学金制度【2年次に半期授業料相当額免除】
在学期間中、経済的な修学困難者に対し、学費を免除する制度です。人物・成績、本人の修学意思などから、提出書類および面接で採用を決定します。

■TOHO会『夢応援』奨学金制度【2年次に20万円給付】
同窓会組織のTOHO会による、返済不要の奨学金制度です。仕事における将来の「夢」の実現に向かって、学内外で日々努力を重ね、卒業後、社会およびTOHO会の発展に貢献し得る学生に給付されます。書類審査と面接で採用を決定します。
※奨学制度の内容は年度により変更される場合があります。

■東放学園特別育英奨学生制度【後期授業料相当額免除】
本学園の教育方針を理解し勉学に励んだ者で年間の成績が特に優秀であり、かつ人物的にも優れている者を選抜し、後期授業料に相当する奨学金が給付される制度です。

サポート制度(教育ローン・奨学制度)

専門学校への進学に関わる経済的負担の補助を目的とした、教育ローンや奨学制度などの各種サポート制度を紹介します。利用できる時期が入学前(入学手続時)のものと、入学後になるものがありますので、各自の状況に合わせて、直接各機関にお問い合わせください。

教育ローン

本学園に入学予定者の保護者または在校生の保護者は、下記の教育ローンをご利用いただけます。学費だけではなく、アパートの敷金などにも利用でき、低利で、無理のない返済方法が選べるため、教育資金の負担軽減に役立つと多くの方が利用しています。
※ローンの審査や手続には時間がかかりますので、ご希望の方はお早目にお申し込みください。
※審査により生徒・保護者のご希望にそえない場合もございますのでご了承ください。

■国の教育ローン

お申込資格 本学園に入学予定者の保護者または在校生の保護者(他のご親族がご利用いただける場合がございます)で、世帯の年間収入(所得)が給与所得者については890万円以内、事業所得者については680万円以内の方(扶養しているお子さまの人数が2人の場合。扶養しているお子さまの人数により変わります)。
ご融資額 お子さまお1人につき350万円以内(2019年1月10日現在)
※ご融資限度内で重複してご利用が可能です。
ご融資利率 年1.78%(2019年1月10日現在)
母子・父子家庭、世帯年収200万円(所得122万円)以内の方、扶養しているお子さま3人以上の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は年1.38%
お使いみち 学校に入学・在学するために必要となる資金(入学金、授業料、自宅外通学に必要な住居費用など)
※今後1年間に必要となる費用が、ご融資の対象となります。
ご返済方式 毎月元利均等返済(ボーナス月増額返済可)
ご返済期間 15年以内(交通遺児家庭、母子・父子家庭、世帯年収200万円(所得122万円)以内の方、扶養しているお子さま3人以上の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は18年以内)
※在学期間中の元金の据置が可能です。
保証 (公財)教育資金融資保証基金または連帯保証人
※連帯保証人は進学者・在学者の4親等以内の親族(進学者・在学者の配偶者を除きます)をお立てください。
お問い合わせ先 教育ローンコールセンター(日本政策金融公庫国民生活事業)ナビダイヤル 0570-0086560570-008656 【平日】9:00~21:00 【土曜】9:00~17:00
※ナビダイヤルがご利用いただけない場合は 03-5321-865603-5321-8656 におかけください。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

■民間金融機関教育ローン
都市・地方・信託銀行および信用金庫の教育ローンをご利用いただけます。各金融機関によって融資対象や内容、返済方法が異なりますので、詳細については各金融機関にお問い合せください。

福祉関連の修学資金制度

■母子父子寡婦福祉資金
母子・父子家庭や寡婦の方に対し、就学などで資金が必要となったときに、都道府県、指定都市又は中核市から受けられる貸付制度です。詳しくは各自治体にお問い合わせください。

■生活福祉資金(社会福祉協議会)
世帯の状況(低所得世帯、障害者世帯、高齢者世帯等)に応じて、必要な資金(専門学校等への就学のための費用等)の貸付を受けられる制度です。詳しくは各市区町村の社会福祉協議会にお問い合わせください。

各種奨学金制度

■日本学生支援機構の奨学金
日本学生支援機構の貸与型奨学金は、進学者が自分で借りて卒業後に自分で返していく奨学金です。
また、経済的理由により進学が極めて困難な人に対して、給付型の奨学金もあります。

表の閲覧方法表を指で左右にスワイプ(横にスライド)してください。

表の閲覧方法
表を指で左右にスワイプ(横にスライド)してください。

日本学生支援機構の奨学金 
公式ホームページ http://www.jasso.go.jp

【貸与型】 対象者 貸与月額 申込時期 貸与期間 【給付型】 対象者 給付月額 申込時期 給付期間
【貸与型】 第一種奨学金(無利息) 第二種奨学金(利息付)
対象者 特に優れた学生で経済的理由により著しく修学困難な者 第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された者
貸与月額 自宅 月額2万円・3万円・4万円・53,000円から選択 月額 2万円~12万円までの1万円単位の金額の中から選択
自宅外 月額2万円・3万円・4万円・5万円・6万円から選択
※入学時特別増額貸与奨学金制度(利息付)について
初回基本月額に増額して貸与する制度です(10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選択)。
「国の教育ローン」が借りられなかった世帯が対象になります。入学時特別増額だけの貸与はできません。
申込時期 予約採用 高校3年次在学中に、在学する高校で申込み(詳しくは在学する高等学校に早めにお問い合わせください)
在学採用 本学入学後の4月頃、本校で申込み(入学後、在学採用希望者向けの説明会を実施します)
貸与期間 日本学生支援機構が認めた貸与始期より修業年限の終期まで。
※奨学生予約採用候補者に決定されていても、貸与開始は進学後(本校入学後)となります。
【給付型】 給付型奨学金
対象者 住民税非課税世帯、または社会的養護を必要とする者(児童養護施設退所者等)
給付月額 自宅 月額30,000円 ※貸与型奨学金との併用も可能です。
※社会的養護を必要とする者(児童養護施設退所者等)は、入学一時金として別途24万円が給付されます。
自宅外 月額40,000円
申込時期 予約採用のみ。高校3年次在学中に、在学する高校で申込み(詳しくは在学する高等学校に早めにお問い合わせください)
給付期間 日本学生支援機構が認めた給付始期より修業年限の終期まで。 ※奨学生予約採用候補者に決定されていても、給付開始は進学後(本校入学後)となります。

■地方自治体が運営する奨学金
各都道府県等の自治体でも奨学金制度が設けられています。詳しくは各自治体に直接お問い合わせください。

表の閲覧方法表を指で左右にスワイプ(横にスライド)してください。

表の閲覧方法
表を指で左右にスワイプ(横にスライド)してください。

東京都育英資金(東京都の場合) 
公式ホームページ http://www.shigaku-tokyo.or.jp

【貸与型】 対象者 貸与月額 申込時期 貸与期間
【貸与型】  
対象者 本人とその保護者が都内に住所を有し、本校の在校生であること(その他、申込要件あり)。
貸与月額 月額 53,000円(予定) ※無利息、返済は13年以内です(貸付総額により異なります)。
申込時期 在学採用のみ。本学入学後の4月頃、本校で申込み(入学後、学校の事務までお問い合わせください)
貸与期間 奨学生採用時から卒業するまでの修業年限

■あしなが奨学金
保護者が病気や災害など道路における交通事故以外の原因で亡くなられたり、重度後遺障害(1級~5級)で働けないため、経済的に修学が困難な学生に奨学金が貸与および給付されます。
お問い合わせ:あしなが育英会 TEL 03-3221-088803-3221-0888 http://www.ashinaga.org/

■交通遺児育英会奨学金
保護者が道路における交通事故が原因で亡くなられたり、重度後遺障害で働けないため、経済的に修学が困難な学生に奨学金が貸与されます。
お問い合わせ : 公益財団法人交通遺児育英会奨学課 0120-521-2860120-521-286 http://www.kotsuiji.com/

■ホリプロ文化芸能財団奨学金
日本の文化芸能の振興を担う人材を育成するため、映画・音楽・演劇・テレビ番組などエンターテインメントの制作に携わるプロデューサー・演出・ディレクター、またはタレント・アーティストのマネージャーを志している学生を支援することを目的とした給付型の奨学金制度です。奨学生への募集については、本学園を含む当財団の指定校に在学する学生が対象となり、一次選考(書類審査)・二次選考(面接)により採用が決定されます。採用者には月額3万円が1年間支給されます。
※2019年度奨学生募集要項より抜粋。応募資格・募集内容は年度により変更される場合があります。
一般財団法人ホリプロ文化芸能財団 http://www.horipro-zaidan.or.jp/

  • ホリプロ文化芸能財団奨学金

新聞奨学生制度

本学園では、働きながら学ぶ新聞奨学生を受け入れる体制を整えています。お問い合わせ、資料請求は各新聞奨学会の連絡先、URLをご利用ください(掲載は五十音順)。
※募集締切がありますので早めに各新聞奨学会にお問い合わせください。
※芸能バラエティ科、演技科、アナウンス科、ダンスパフォーマンス科の希望者は利用できません。

朝日奨学会 0120-127-7330120-127-733
産経新聞奨学会 0120-033-9330120-033-933
日本経済新聞育英奨学会 0120-00-57250120-00-5725
毎日育英会 0120-098-0980120-098-098
読売育英奨学会・中央支部 0120-430-8600120-430-860
  • AO入学を短時間で把握 AO入学説明会
  • 部活動などで平日都合がつかない高校生にオススメ 高校生・保護者のための説明会
  • 平日都合がつかない大学生・社会人の方 大学生・社会人のための説明会
  • ご自身の都合にあわせて相談したい方にオススメ!個別相談会
  • 全国各地の会場で開催する東放学園独自の説明会 全国各地で東放学園説明会
  • 全国各地の会場で開催 専門学校合同進学相談会


オープンキャンパスOpen Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    4月21日 (日) ・4月28日 (日)

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    4月27日 (土) ・5月18日 (土)

  • イベント&スペシャル体験入学