ナレーターをめざすあなたが専門学校で身につけられること

ナレーターをめざすあなたが専門学校で身につけられること

掲載日:2019-01-15

ナレーターになりたいなら、専門学校へ行ってスキルを身につけるのが優先です。アナウンサーや声優の養成を行っている専門学校で、ナレーターになるためのトレーニングを受けることができます。ナレーターをめざしたい場合に、専門学校で具体的にどんな勉強ができるのかを見ていきましょう。

ナレーターに欠かせない発声のスキルが身につく

ナレーターは声だけで表現を行いますから、声がすべてと言えます。ナレーターは聞き取りやすい声で話すことが必須です。そのため、きちんとした発声や正しい発音を習得しなければなりません。
アナウンス系の専門学校へ行けば、発声や発音の基礎を学習できます。専門学校の授業では、腹式呼吸から始まり、発声、発音、滑舌、アクセントなどを確認していきます。ナレーションを行う上では日本語を正しく話すことが必要です。授業で発声や発音の基礎を学ぶことで、正しいアクセントの位置などを習得することができます。

また、ナレーターと言っても、原稿を読むだけでなく、アドリブが必要な場面もあります。専門学校では、どんな言葉を使えば伝わりやすいかといったことについても学習します。正しい発声に加えて適切な言葉の選び方を学ぶことで、ナレーターとしての基礎的な能力を固めることができます。

専門的なナレーションスキルを身につけられる

専門学校では、基礎的な科目に加えて、専門的な科目を受講することができます。ナレーター志望の場合には、ナレーション科目を選択し、ナレーション技術を学ぶことができます。
ナレーション科目では、CMナレーションを通じて、時間内に原稿を読み切るトレーニングを行います。限られた枠の中で、説得力のある表現をする方法についても習得することができます。

さらに、ナレーターとして幅広く活躍するために、専門学校では様々な科目を選択することができます。演技の勉強をして表現力を磨いたり、MCやイベント司会の勉強をしてインタビューやフリートークのスキルを身につけたりすることも可能です。

オーディションを乗り越えるスキルを身につけられる

ナレーターとして活躍するには、オーディションに合格し、仕事を獲得する必要があります。専門学校では、このオーディションの対策についてもサポートしてもらえます。
在学中は、学内で定期的に発表の機会があり、アナウンス系専門学校の中には、オーディション講座が用意されているところもあります。学内での発表会やオーディション講座では、実際にナレーションを行いますから、現場の雰囲気に慣れることができるというメリットがあります。

専門学校では、実践練習を積むことにより、就職活動やオーディションで全力を出し切るために役立つスキルが身につきます。緊張しやすい人でも本番に強くなりますから、仕事が獲得できるようになるでしょう。

専門学校へ行けば、スキルを習得できるだけでなく、講師や現場で活躍中のプロとの人脈もできます。人脈が広がれば、プロダクションに紹介してもらえるなど、実際に仕事をするチャンスにも恵まれます。ナレーターをめざすなら、専門学校へ入学するところから検討してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP