ナレーターになるには?その方法と必要なスキルについて

ナレーターになるには?その方法と必要なスキルについて

掲載日:2019-01-15

テレビ番組やCMのナレーションを行うナレーター。ナレーターは声だけで表現を行う専門的な仕事です。ときには、店内放送や駅アナウンスを担当することもあります。つまり、ナレーターは、スキルを持っていれば、幅広いジャンルで活躍できる仕事と言えます。ここではナレーターになるにはどういった方法があるのかを見てみましょう。

ナレーターになるには事務所に入るのが王道

ナレーターをめざすなら、声優やナレーターの事務所に所属しておくと良いでしょう。
番組制作会社などの企業に入ってナレーションを担当するケースもありますが、ナレーターとして雇用されて仕事を行うケースはまれです。番組等の制作過程でナレーターが必要になった場合には、仕事が発生する都度、ナレーターに依頼をすることが多くなっています。その際には、声優やナレーターの事務所から紹介を受けたり、オーディションを行ったりすることになります。

もし事務所に所属していれば、番組制作会社などを通じて仕事の紹介を受けられることがあります。また、オーディションの情報も入ってきますから、オーディションを受けて仕事を獲得することもできます。

ナレーターに求められるスキルは幅広い

ナレーターになるためには、発声や発音の基礎がしっかりしていなければなりません。何を言っているかわからないナレーションでは意味がありませんから、大きな声で、聞き取りやすい日本語を話す必要があります。

また、ナレーターには表現力も必要です。棒読みになってしまえば、聞く人に伝えたいメッセージがきちんと伝わりません。説得力のある表現方法を身につける必要があります。
ほかにもナレーターは、決められた時間内で原稿を読む能力が求められます。原稿を見たときに、時間と照らし合わせてどれくらいのスピードで読んだら良いかといった感覚を養うことも大切です。
ナレーターとして活躍するには、さまざまな分野のナレーションができなければなりません。普段からニュースや時事問題にも関心を持ち、幅広い知識を身につけておくことも重要です。

専門学校でナレーションスキルを身につける

ナレーターになりたいなら、まずはプロとして通用するナレーションのスキルをしっかりと身につけておくことが確実です。そのためにアナウンス系の専門学校へ進学すれば、ナレーションのスキルを習得することができます。
アナウンス系の専門学校では、アナウンサー、声優、ナレーターなど、声を使って表現する職種につくための勉強ができます。どの職種を選ぶにしても、発声や発音を基礎から学ぶ必要がありますから、こうした基礎的な科目は共通になっています。さらに、ナレーターになりたい場合には、ナレーションの専門的な技術を学習することになります。

専門学校では、現役で活躍中のプロから直接指導を受ける機会もありますから、現場で即戦力になる力を養うことができます。オーディションや就職のサポートも受けられるので、ナレーターとして活躍するチャンスもつかむことができるでしょう。

ナレーターは活躍できる場が多く、人気の職種となっています。ナレーターは誰にでもできる仕事ではありません。プロになるためには、基礎からしっかりとスキルを身につける必要があります。ナレーターをめざす方は、上記を参考に、キャリアプランを考えてみてください。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP