ラジオパーソナリティーをめざすあなたが専門学校で身につけられること

ラジオパーソナリティーをめざすあなたが専門学校で身につけられること

掲載日:2019-01-15

ラジオパーソナリティーとして活躍したいなら、専門学校へ行ってスキルを身につけるのが近道です。専門学校では、アナウンススキルにとどまらず、ラジオパーソナリティーに必要な幅広い知識・技術を習得できます。ラジオパーソナリティーの専門学校で身につけられるスキルについて具体的に見てみましょう。

専門学校で発声や発音の基礎が身につく

ラジオパーソナリティーは、発声、滑舌、発音などの基礎的なスキルを持っていることが欠かせません。話すということは普段当たり前にしていることですから、自分の発声や発音について、どこが問題なのかを客観的に把握するのは困難です。また、滑舌が悪い場合に、どうすればうまくしゃべれるようになるかといったことも、自分ではなかなかわかりません。こうした基礎的な「話すスキル」を教えてもらうには、アナウンス専門学校に行って学ぶのが最も効率的です。

専門学校では、発声や発音を基礎から学習することができます。発声は呼吸法から入るので、よく通る声が出せるようになります。アクセントやイントネーションも正すことができ、美しい日本語を話せるようになります。朗読やナレーションの訓練を繰り返し行うことで、原稿読みなどのスキルも身につき、スムーズに話せるようになります。

ラジオパーソナリティーに必要なトークスキルも身につく

原稿を読んだりレポートを行ったりするのがメインのアナウンサーと違い、ラジオパーソナリティーには高いレベルのトークスキルが求められます。ラジオでのフリートークはただだらだらしゃべって良いわけではありません。ラジオパーソナリティーは、聞き手に思いやメッセージが伝わるようなトークをする必要があります。

専門学校へ行けば、ラジオパーソナリティーに必要なトークスキルを習得することもできます。番組内の限られた枠の中でフリートークを行うコツや、相手とかけ合いながら話すコツについても知ることができるでしょう。フリートークについてトレーニングを重ねることができますから、適切な話題をふったり、話を上手に展開したりできるようになります。

他の番組スタッフの仕事なども幅広く学べる

専門学校では、ラジオパーソナリティーとして仕事をするための直接的なトレーニングだけでなく、ラジオ番組を支える周りのスタッフの仕事についても勉強します。ラジオパーソナリティーは番組制作にも積極的にかかわることになりますから、周りのスタッフの仕事を身につけることは欠かせないとも言えるのです。

ラジオ番組を作るためには、さまざまなスタッフがかかわっています。ディレクター、AD作業、ミキシング作業などを学べば、現場のスタッフの動きを把握することができますから、番組の進行について考える際に大きく役立ちます。

ラジオパーソナリティーには基礎的な発声・発音スキルはもちろんのこと、フリートーク力も求められます。番組作りにかかわるために、スタッフの仕事についても理解しておかなければなりません。ラジオパーソナリティーをめざすなら、必要なスキルを総合的に学べる専門学校への入学を検討してみましょう。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP