ラジオパーソナリティーになるには?その方法と必要なスキルについて

ラジオパーソナリティーになるには?その方法と必要なスキルについて

掲載日:2019-01-15

ラジオ番組の司会進行を行うラジオパーソナリティー。ラジオパーソナリティーは、番組の進行をしながら自らの思いやメッセージを伝えることもできますから、リスナーにとって影響力のある存在になります。そんなラジオパーソナリティーになるには、どういった方法があるのかを見てみましょう。

局アナやオーディションからラジオパーソナリティーに

ラジオパーソナリティーになるには、ラジオ放送を行っている放送局にアナウンサーとして就職するという方法があります。放送局では、ラジオ番組のパーソナリティーとしてタレントを起用することもありますが、自社のアナウンサーを使うケースもあります。ラジオパーソナリティーとして人気が出れば、将来的に独立することも可能です。

また、ラジオパーソナリティーはオーディションで選ばれることもあります。オーディションを受けて合格すれば、ラジオパーソナリティーとして活躍することができます。芸能プロダクションに所属していれば、ラジオ番組のオーディションの情報も入手しやすいので、タレントとして芸能プロダクションに入りラジオパーソナリティーをめざす道もあります。
経験を積めば、フリーのラジオパーソナリティーとして活躍することもできるようになるでしょう。

ラジオパーソナリティーには発声以外のスキルも必要

ラジオパーソナリティーは、まず発声や発音がきちんとできていることが基本です。滑舌が悪いと聞きとりづらく、せっかくの発言も伝わりません。よく通る声で正しい発音をし、スムーズに言葉が出せることが必須です。

また、ラジオパーソナリティーには、声でいろいろなことを表現するスキルが求められます。ラジオでは顔が見えませんから、聞き手に対して表情や態度で伝えるということができません。声だけで、状況や行動、さらに安らぎ、感動、笑い、興奮の心情も聞き手に伝えることになります。声だけで表現するというのは慣れていなければ難しいことですから、プロとしてのスキルが要求されるところです。

さらに、ラジオパーソナリティーはただ原稿を読むだけではありません。ラジオではフリートークをする場面も多くなります。ファンを惹きつけることができるような自分の言葉を持ち、幅広い知識を持っている人がラジオパーソナリティーに向いていると言えます。また、番組の企画にもかかわることが多く、企画力や提案力も求められます。ラジオパーソナリティーとして成功するには、個性や能力を活かしながら、クリエイティブに仕事を進める力が必要です。

ラジオパーソナリティーのスキルは専門学校で習得できる

ラジオパーソナリティーに必要なスキルは、アナウンス系の専門学校で身につけることができます。アナウンス専門学校では、ラジオパーソナリティーの養成も行っています。専門学校へ行けば、ラジオパーソナリティーになるための、実践的なトレーニングが受けられます。プロから直接指導を受けられたり、現場で活躍中の先輩から話を聞いたりする機会も得られますから、目標が明確かつ具体的に定まります。

ラジオパーソナリティーになるには、アナウンサーをめざしたり、オーディションを受けたりする方法があります。ラジオパーソナリティーは個性も重視されますが、実際に仕事をするにはまず発音や発声などの基礎を身につける必要があります。必要なスキルを身につけた上でラジオパーソナリティーをめざしましょう。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP