CD制作の流れ

CD制作の流れ

掲載日:2019-05-22

アーティストのCDがユーザーの元に届くまでには、レコーディングスタジオで音をつくる人、出来上がったCDをプロモーションする人など、たくさんのスタッフが関わっています。今回は、CD制作の流れについてご紹介しましょう。

レコード会社の企画会議からCDが生まれる!?

一般的に、歌手をはじめとする音楽アーティストは、マネージメント事務所に所属したうえで、レコード会社と契約を結んでいます。契約したレコード会社は、市場リサーチなどを行い、所属するアーティストの新作CDについて企画立案します。
また、アーティストから新作CDの企画提案を行い、レコード会社が判断を下す場合もあるでしょう。他には、外部のプロデューサーや広告代理店、アーティストの所属事務所などから企画が提案されるケースもあります。

レコーディングスタジオで働くスタッフ

新作CDの企画が決定したら、作曲家と作詞家に依頼、もしくはアーティスト自身が楽曲を作成し、レコーディングを行います。レコーディング前には、リハーサルスタジオでデモテープを作成する場合もあります。

レコーディングスタジオでは、レコーディングエンジニアと呼ばれるスタッフが音源をバランスよく録音するために調整を行います。各パートを別々に録音するマルチトラック録音と呼ばれる手法が多く用いられます。

録音した各パートの音源を音楽プロデューサーやディレクター、アーティストなどの意図に合わせて編集(ミキシング)し、楽曲を完成させます。
時には部分ごとに録音したものをつなぎあわせたり、エフェクトをかけたりなどの作業が行われます。完成した楽曲のデータはマスターテープと呼ばれます。

プロモーションから販売まで多くの人が関わる

レコーディングが完了したら、ジャケット写真を撮影します(デザインによっては写真を使用しない場合もあります)。撮影には、カメラマン、スタイリスト、ヘアメイクはもちろん、照明や美術担当スタッフ、ジャケットのデザインを決めるデザイナーなどが関わります。
ジャケットが完成したら、マスターテープを基に工場でCDが制作されます。

完成したCDはショップに運ばれて店頭に並びます。CDの販売をする店頭スタッフは、レコード会社や広告代理店からの指示に従ってキャンペーンコーナーをつくったり、ノベルティを配付したりします。

また、アーティスト所属事務所やレコード会社、広告代理店の連携のもと、雑誌やTVなどの各媒体でCDのプロモーションを行います。売り上げを大きく左右するプロモーション活動は、いまや欠かせないものだといえます。

CD制作の流れの各段階において必要とされるスタッフは、それぞれがプロとして異なるスキルを持ち合わせています。どの段階でも失敗は許されず、お互いの信用の元で成り立つものです。自分が携わった作品(CD)が店頭に並んでいるのを見るのは、とても感動的。あなたも自分に合ったパートはどこか考えてみて、特別なスキルを身に付け、CD制作に挑戦してみませんか。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP