音楽業界で働くには

音楽業界で働くには

掲載日:2019-05-22

レコード会社や音楽プロダクションなど、将来の就職先として音楽業界をめざす人は非常に多く、人気の上位を占める職種となっています。

わずかな求人数に対して数多くの応募があり、音楽業界への就職はとても厳しく狭き門であるとも言われています。

音楽業界では、採用さえされれば経験ゼロの段階からノウハウを身に付けて行くこともできますが、現場では即戦力となる人材を優先的に採用する傾向があります。

そのため、音楽業界への就職を前提にカリキュラムが組まれた専門学校等で基本的な知識と技術を学び、実践的な現場実習を経験している方が、採用側に好印象を与えることでしょう。音響や照明、デジタル技術に関する資格取得に向けても有利な環境です。

また、音楽業界の仕事は体力的にも、精神的にも負担の大きい仕事と言われています。せっかく憧れの仕事に就いたにも関わらず、短期間で離職してしまうケースも少なくないようです。どんなに追い込まれていても冷静に業務をこなす姿勢や、チーム一丸となって困難を乗り越える気持ちが何よりも大切になるでしょう。

音楽業界で働くためのルート

音楽業界で働くためには、希望に一番近い会社にアルバイトとして入り、経験を積みながら社員をめざす方法と、専門学校や大学に入学し、専門的な知識と技術を身に付けてから就職先を探す方法があります。

どちらもメリット・デメリットがありますが、最近の音楽業界では、より即戦力になる実力を持った人材を求めることから、専門学校や大学で学んで来た学生を歓迎する傾向が強くなっているようです。

専門学校や大学への入学を決めたら、自分がどの職種をめざすのかを明確にしていく必要があります。
専門学校や大学では、志望する職種によって音響、照明、制作などの学科に分かれているため、入学すると学科ごとに学べる内容や取得できるスキルが全く違います。音楽業界で働きたいという気持ちがあっても、どの職種にしたらよいか悩んでいる場合には、オープンキャンパスなどのイベントに参加し、将来のイメージを固めて行くと良いでしょう。

専門学校に入る場合のメリット

専門学校と大学には、それぞれ異なる特徴があります。
専門学校は、専門的な技術の習得をメインとしているのに対し、大学では学問の追求をメインとしたカリキュラムが組まれています。

現場実習の時間数でいえば、専門学校が圧倒的に多く、学内の実習施設も充実しています。講師陣も、現場の第一線で活躍するプロが招かれている学校が多く、最新の技術や機材についてもいち早く学ぶことができます。

音楽レーベルやプロダクションとの繋がりが深いことも専門学校で学ぶことの強みです。在学中にオーディションに合格する可能性も高まりますし、将来の人脈づくりにも役立ちます。知識や技術だけではなく、社会性やコミュニケーション能力を必要とする音楽業界では、専門学校で学んだ学生ほど即戦力のある人材として歓迎されています。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP