音楽関係の仕事を種類別にまとめよう

音楽関係の仕事を種類別にまとめよう

掲載日:2019-05-22

音楽関係の仕事にはさまざまな職種がある

ひと口に音楽関係の仕事と言っても、そこにはさまざまな仕事があります。
例えば、1曲のヒット曲が生まれるまでに、企画、制作、プロモーションまで、数えきれないくらいの職種に携わる人が関わっています。
アーティストの活躍の裏には、あらゆるスタッフの努力が隠されているのです。

アーティストを中心とした音楽関係の仕事は、音そのものを扱う技術者と、音楽作品を伝えることを通してビジネスを展開する職種に大別することができます。

知識と技術の習得にとどまらず、経験の積み重ねが重要視される厳しい世界でもありますが、いずれの職種も変化と競争の激しい音楽業界を牽引する仕事であることに間違いありません。

音そのものを扱う“音響のスペシャリスト”

音楽は、音色の組み合わせや音質の調整、視覚効果やステージの組み方、マイクの向け方によって、その聴こえ方を自由自在に操作し変化させることができます。
このように音そのものを扱う技術者たちは、音楽関係の仕事の中でもより専門的で、プロデューサーの意図に沿った音作りを専門とした仕事をしています。

音響のスペシャリストとして現場で活躍していくためには、音の性質や楽器に対する深い知識が必要です。
例えば、ライブ会場でもアーティストの次に重要なポジションを占めるPAミキサーや、CD制作に欠かせないレコーディングスタッフなどが挙げられますが、より良いサウンドで楽曲の持ち味を最大限に引き出す技術が問われてきます。

音楽イベント企画・運営系の仕事

音楽を伝える仕事の中でも、特に音楽イベントやコンサートの企画、運営をメインとする職種には、イベンターやコンサートプロモーターなどが挙げられます。

ファンのニーズや流行にアンテナを張り巡らせ、新しい企画へと具体化していくセンスや企画力が、これらの職種の要となっています。
また、アーティストへの出演交渉をはじめ、会場の選定、メディア、舞台設備などさまざまな会社との連携を図り、イベント全体の取りまとめも行います。

音楽イベントの企画、運営に携わるスタッフは、単に観客を喜ばせるだけではなく、リハーサルも含め全ての日程が安全に進められるよう、常に細心の注意を払うことが求められます。

音楽ビジネス系の仕事

音楽の魅力をメディアや音楽雑誌を通して伝える仕事には、音楽プロデューサーや音楽ディレクター、音楽雑誌編集者、音楽ライター、音楽Webサイトディレクターなどが挙げられます。

音楽業界を盛り上げ、牽引して行く役割を担っており、ユーザーが関心を持ちやすいような形で、新曲や新人アーティストの魅力を発信することが重要な職種です。

多様化する音楽業界の仕事の中でも時代の最先端に立ち、どのような音楽が求められているのかを見極める力が求められます。CD売り上げやライブの観客動員数などの数字にも直結してくることから、ビジネスとしての要素が比較的強い職種であると言えます。

「音楽関係の仕事がしたい!」と思っても、人気が高い音楽業界の仕事に就くことは安易なことではありません。
そんな状況下でまずできることは、音楽業界で働くための知識や技術を身に付けておくことです。
東放学園音響専門学校には、音楽関係の仕事に直結する「A&R(新人発掘&育成)」や「レコード会社プロモーター(宣伝)」、「レコーディングディレクター」や「音楽雑誌編集者」を育成する学科があります。
音楽業界との繋がりもあり、業界への就職のサポートもしています。まずは東放学園で必要な知識を学ぶのも夢の実現化への近道と言えるのではないでしょうか。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP