コンサート照明スタッフになるには

コンサート照明スタッフになるには

掲載日:2019-05-22

コンサート照明スタッフとは?

コンサート照明スタッフは、光と陰を駆使して出演者を引き立たせ、ステージの演出効果を高める役割を担う専門家です。

さまざまな照明機材を操り、多彩な色を創り出すことから、「光の演出家」とも呼ばれ、照明により場面や心情の描写をガラリと変化させることも可能です。

コンサート照明スタッフとして働くには、照明に関する幅広い知識と技術をバランスよく学んでいくことが大切です。
アーティストやプロデューサーの意図に沿った照明プラン作成も一手に任せられますので、光の特性や色彩、カラーコーディネートの知識をはじめ、あらゆる表現技法や感性を身に付けていることが現場で活躍していくための必須条件となります。

さらに、照明機材は一歩扱い方を誤ると、火災や高所からの落下などの重大な事故に繋がる恐れがありますので、電気工学や機材管理についても理解を深める訓練が必要です。

コンサート照明スタッフをめざす人の志望動機

コンサートでは、絶妙なタイミングで放たれるスポットライトや、ステージ全体を光と陰で織り成す視覚効果が、観客に大きな感動を与えます。

コンサート照明スタッフは、音響や舞台制作スタッフと同様に裏方スタッフの一員でありながらも、表現者としての側面を持ち合わせているところが志望動機の一つとして挙げられます。

また、自身が音楽が好きで、好きなアーティストのライブやコンサート会場に行き、ステージを見つめる照明スタッフの真剣な眼差しや、スタッフ同士がアイコンタクトを取りながら、次々と機材を操作していく姿に憧れて、コンサート照明スタッフの仕事に興味を持ち始めるケースも少なくありません。

音楽業界の中でも特に体力を要する仕事ですが、チームワークを重視した仕事であることも、大きな魅力の一つとなっているようです。

照明機材のセッティングと操作

照明機材の搬入やセッティングをはじめ、本番中の操作と安全管理、終了後の撤去作業までの全てが照明スタッフの仕事です。

コンサート中は、照明プランニングに基づいた機材操作が行われますが、コンサート会場の雰囲気やアーティストの変化を瞬時に察知して、舞台が最も輝く瞬間にスポットを当てるなど、臨機応変に作業をしていくことが大切です。

また、コンサートにトラブルはつきもの。どんな状況でも素早く、冷静に状況を判断し対応する臨機応変さも大切です。

コンサート照明スタッフになるには?

コンサート照明スタッフになるには、まず映像系や芸術系の専門学校、大学に通って照明についての基礎を学びます。
卒業後は、コンサートや映画、ドラマなど自分が希望するジャンルの照明専門会社や制作会社に入り、アシスタントからスタート。そこで経験を積んでプロをめざします。

照明スタッフになるための資格である「照明技術者技能検定」などは、取得しておくと就職活動で有利に働くこともあり、これらの資格を採用条件として掲げる会社も少なくないようです。

机上で学ぶ知識はもちろんのこと、幅広いジャンルでの現場経験をバランスよく積み重ねていくことが、現場で求められる照明スタッフとして活躍するための第一歩と言えるでしょう。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP