卒業生インタビュー/音響技術科

PAミキサー・岸 邦彦さん

コンサート:東京事変『2O2O.7.24閏vision特番ニュースフラッシュ』
コンサート:Saucy Dog one-man live『send for you』

PAミキサー 岸 邦彦さん 93年度卒/群馬県出身
ベースメント(同)

イメージどおりの音をすべての観客に届けたい

音響を学ぼうと思ったキッカケは?

僕は高校時代にバンドをやっていたんです。でも、バンドだけで生きていく実力がないことには気がついていて。どうしようかなと考えていたときに、両親から「専門学校とかもいいよ」っていってもらえたので「じゃあせっかくだから2年間、PAについて学んでみよう」と思ったのが最初です。

PAとはどんな仕事なのですか?

ひと言でPAといってもいろいろな役割がありますけど、僕が担当している“ハウスエンジニア”はステージの演奏をミックスし、会場のスピーカーをとおして、お客さんに届ける音の環境をつくる仕事です。

ハウスエンジニアの難しさは?

ミュージシャンの演奏、自分のミックス、スピーカーから出る音の調整。すべてのつじつまが合っていないとイメージどおりの音をつくることはできません。会場の環境も違えば、バンドのコンディションも毎日違うなかで、それをいかに“平ら”にできるかが僕らのやるべきこと。会場の隅々までいい音を届けるのはとても難しいけど、それが実現できたときはうれしいですよ。

“ライブならでは”のやりがいは?

東京事変のように大規模なライブでお客さんが聴き入ったり、盛り上がっているのを見ると、「自分がミックスした音をみんなが聴いてくれているんだ」って気持ちよくなったりはしますね(笑)。アーティストの演奏が音の入り口だとすると僕は出口担当。その間にたくさんの人が関わるわけですから、自分の手腕だけでなく、共同作業という点も面白いところです。

PAをめざす人にアドバイスを!

音楽の知識があるに越したことはないから、やっぱりいろいろな音楽を聴いてみることですね。技術的には覚えることは山ほどありますが、どんな音をいいと感じるのか? まずはその“自分のものさし”みたいなものがあればいいと思います。

レコーディングエンジニア・涌井良昌さん

CD:『竜とそばかすの姫』オリジナル・サウンドトラック
adieu『愛って』/CD:adieu『adieu2』収録楽曲

レコーディングエンジニア 涌井良昌さん 13年度卒 / 東京都出身

J-POPからアニメのサントラまで多彩なジャンルで活躍中

涌井さんがレコーディングエンジニアという職業を知ったキッカケは?

もともと山下達郎さんと大瀧詠一さんがすごく好きだったのですが、CDを聴いているうちに「音の雰囲気が似ているな」と思って。調べてみると、どちらも吉田保さんという方がレコーディングを手がけていると知り、そこから興味を持ちました。東放学園を選んだのも、当時、吉田さんが特別講座などで来校されることがあると知ったからです。

レコーディングエンジニアとはどんな仕事ですか?

歌や楽器の音を録音し、各パートの音量や音質を調整する“ミックス”によって、CDなどの音源をつくる仕事です。楽曲を聴いたときの第一印象や雰囲気をつくっていく役割といえばわかりやすいかもしれません。

仕事の醍醐味は何でしょう?

ジャンルや作品ごとに音作りのテーマが違うから、そこは面白いですよ。J-POPなら歌の魅力、映画音楽なら映像を邪魔せずにいかにいい音楽に仕上げるか、アニソンならキラキラ感というように、飽きずに仕事を楽しめています。

学生時代に一番努力していたことは?

どの授業も楽しかったおかげで、2年間は勉強していた記憶しかないです(笑)。放課後も土日も学校が開いていれば機材を触ったり、ノートをまとめたりという毎日でした。みなさんも、興味のあることを仕事にできるチャンスがあるなら、挑戦してみてもいいんじゃないかと思います。

MAミキサー・髙橋知世さん

テレビ東京系『新美の巨人たち』
テレビ東京『プレミアMelodiX!』

MAミキサー 髙橋知世さん 13年度卒 / 千葉県出身
(株)テクノマックス

番組の音を仕上げるMAにはコミュ力が必要です!

なぜ東放学園で学ぼうと思ったのですか?

もともと音響全般に興味があり、「自分がやりたい職種はどれなのか?」を見極めたくて、PA・MA・レコーディングすべてが学べる東放学園を選びました。学生時代は“できるだけ資格を取る”という親との約束もあって、Pro Toolsに関連する資格取得にはとくに力を入れて取り組んでいました。

MAとはどんな仕事なのでしょう?

スタジオなどで収録された音を聞きやすく調整し、ナレーションを収録します。その後、セリフ・ナレーション・効果音・BGMなどすべての音をミックスして、オンエアにふさわしい音声バランスに仕上げる仕事です。

ミックスで大切にしていることは?

番組ごとに意識する部分が違います。たとえばアート番組『新美の巨人たち』(テレビ東京系毎週土曜日22:00~)であれば、ナレーションの聞きやすさと作品を紹介する場面でのBGMの盛り上がりが大切ですし、音楽番組の『プレミアMelodiX!』(テレビ東京毎週月曜日深夜2:50~)では、トークと歌の部分のメリハリを大事にしています。

MAの仕事にはコミュ力も必要だとか?

ディレクターさんたちと言葉を交わし、好みや意図をくみ取って音作りをしていくので、コミュニケーションはとても大事だと感じています。私はもともと人見知りだったのです が「努力次第で結構話せるようになるんだ」と実感しています(笑)。今は自信がなくても「1回やってみよう!」という気持ちで、この世界に飛び込んでみてください。

東放学園音響専門学校の
学科一覧

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP