アニソン歌手になるには?その方法と必要なスキルについて

アニソン歌手になるには?その方法と必要なスキルについて

掲載日:2019-01-15

アニメ主題歌を歌うアニソン歌手は、アニメの世界観を多くの人に伝えるメッセンジャーとしての役割を担います。アニメは日本の代表的な文化の1つですから、アニソン歌手になれば世界的に活躍するチャンスも開けます。ここでは、アニソン歌手になるにはどのような方法があるのかについて、見てみましょう。

声優やJ-POP歌手からアニソン歌手への道が開ける

アニソン歌手になるために、定番のコースというのはありません。現役のアニソン歌手は、それぞれいろいろなきっかけでデビューしています。
比較的多いのは、声優からアニソン歌手になるというパターンです。登場人物の声を担当している声優が歌えばアニメの世界そのままの雰囲気が伝わるため、登場人物として主題歌を担当することも多くなっています。声優は発声や歌唱のトレーニングもしているので、声優活動をしながら歌手としても活動する人がいます。

ほかには、J-POP歌手からアニソン歌手になるというパターンも見られます。アニメ主題歌を歌ってヒットすれば、アニソン歌手として注目されます。ただし、J-POP歌手になることは、アニソン歌手をめざすことと同様にハードルが高いと考えられます。

また、最近ではYouTubeなどの動画サイトをきっかけにアニソン歌手になる人も出てきています。YouTubeは世界中のたくさんの人が見ていますから、自身の歌をアニメーション動画とともに公開して、話題になることもあります。プロの目に留まり、そのアニメの世界観と合っていると判断されることがあれば、アニソン歌手としてデビューするチャンスが得られます。

アニソン歌手には歌唱力以外のスキルも必要

アニソン歌手になるためには、言うまでもなく歌唱力は必要です。ボイストレーニングを行い、発声の基礎から学んでおく必要があります。アニメ主題歌と言っても幅広いジャンルの曲がありますから、どんなジャンルでも歌いこなせるように訓練しておくにこしたことはありません。

また、アニソン歌手には表現力も求められます。アニメの印象は主題歌で決まることも多いですから、そのアニメの世界観が聞く人に伝わるような歌い方が求められるのです。演技の勉強をし、表現力も身につけておくことが理想です。
さらに、アニソン歌手はステージで歌う機会もありますから、パフォーマンス力も必要です。場合によってはアニメのイベントなどに参加することもあるので、出演者の方などと話すためにトークや会場を盛り上げるスキルも持っておいた方が良いでしょう。

専門学校へ行けばスキルを身につけられる

アニソン歌手になりたいなら、声優専門学校や放送専門学校、アニメーション専門学校など、声優やアニソン歌手の養成を行っている専門学校に行ってスキルを身につけるのが近道です。プロとして通用するスキルを持っていれば、デビューのチャンスが訪れたときにそれを逃さず掴むことができます。

専門学校では、基礎的な発声法や歌唱力のほか、演技、パフォーマンスなど、幅広いスキルを身につけることができます。現場で活躍している先輩に話を聞いたり指導を受けたりする機会もあり、具体的なキャリアプランを考えることができます。

アニソン歌手になるには、デビューのチャンスを掴む必要があります。チャンスを逃さないようにするために、まずはプロとして通用するスキルを身につけておきましょう。発声などを基礎から学び、表現力や演技力など幅広くトレーニングしておくことで、夢が現実に近づきます。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP