保護者の方へ

エンターテインメントは日本が世界に誇る産業。
お子さまの夢を東放学園とともに応援しましょう!

「クールジャパン」に代表されるように日本のエンターテインメントは世界に認められた大きな産業です。一見チャラチャラした世界に思われがちですが、そこに従事する人たちはいたって真剣に取り組み、最先端のエンターテインメントを作り上げています。私ども東放学園では、そんな素晴らしいエンターテインメント業界の次代の担い手を全身全霊で育成しています。お子さまのやりたい気持ち、子どものころからの夢をぜひ応援してあげてください。東放学園も全職員一丸となってバックアップしていきます。

エンターテインメントは日本が世界に誇る産業。お子さまの夢を東放学園とともに応援しましょう!

東放学園はTBSの教育事業本部を前身として設立された専門学校です。

TBSの教育事業本部が設立した学校を前身として創設した東放学園。テレビ・ラジオ・映画・アニメ・声優・コンサート・音楽・芸能の世界で活躍できるプロを育成しています。“エンターテインメントの現場から生まれた学校”ならではの教育ノウハウと就職・デビューサポートが充実。ここで学ぶことが、プロへの近道なのです!

▲1972年当時の東放学園

東放学園は東京都から認可された専門学校です。

学校法人東放学園は修業年限や授業時間数などの基準を満たした東京都の認可校です。無認可教育施設とは異なり、通学定期券の学生割引や公的奨学金、教育ローンなどを利用することができます。また卒業時に「専門士」の称号が付与され、公務員の採用試験やさまざまな国家試験の受験資格なども短大卒とほぼ同等の扱いになります。また大学への編入学の受験も認められています(編入は各大学の基準に準拠)。

専門学校と無認可教育施設の違い

  専門学校(東放学園) 無認可教育施設
通学定期 専門学校(東放学園)学生割引あり 無認可教育施設学生割引なし
公的奨学金 専門学校(東放学園)利用できる 無認可教育施設利用できない
教育ローン 専門学校(東放学園)利用できる 無認可教育施設利用できない
国民年金保険料 専門学校(東放学園)申請により納付猶予 無認可教育施設納付の義務
勤労学生控除(所得控除) 専門学校(東放学園)対象になる 無認可教育施設対象にならない
学歴 専門学校(東放学園)専門学校卒業 無認可教育施設公的には認められない
「専門士」の称号 専門学校(東放学園)付与 無認可教育施設
監督庁 専門学校(東放学園)東京都知事 無認可教育施設なし
法律 専門学校(東放学園)学校教育法第124条 無認可教育施設なし

出典:『東京都専門学校案内2017年度版』より

キャリアサポートセンターと就職・デビューアドバイザーによる充実サポート

東放学園には、各校舎に常駐する就職・デビューアドバイザーのほか、東放学園グループ4校の就職・デビュー総合窓口「キャリアサポートセンター」を設置しています。本学園の教職員が一丸となって、在校生の就職活動、デビュー活動などを全面的にサポートしています。また、「学内企業説明会」や「就職セミナー」を定期的に開催。就職&デビュー担当アドバイザーによる個別相談など、さまざまな形でバックアップしています。また、「キャリアサポートセンター」は卒業後も利用可能です。

キャリアサポートセンターと就職・デビューアドバイザーによる充実サポート

安心・清潔・快適な「東放学園指定学生寮」をご紹介しています。

東京でのひとり暮らしをお考えの方に、有意義な学生生活を送っていただけるよう、東放学園が業務提携をしている(株)共立メンテナンスの「指定学生寮」をご紹介しています。「指定学生寮」では、震災など有事の対応から、学習時間の確保、健康管理(規則正しい食事生活、傷病時の対応)、住み込みの常駐管理による防犯対策などで、学生生活を支援しています。寮生活では、ふれあいの中から協調性を学び、さまざまな価値観にふれることで大きな成長を促していきます。学業だけではない“もう一歩進んだ学生生活”を提案します。

安心・清潔・快適な「東放学園指定学生寮」をご紹介しています。

指定学生寮の4つのサポート

  • 1.食事
    朝・夕2食の手づくり料理で、体調管理もしっかりサポートします。
  • 2.安心
    寮長夫妻が常駐で、防犯・安全対策も万全です。
  • 3.居室
    必要な家具・備品は備え付け。引っ越し・初期費用を軽減できます。
  • 4.設備
    清潔・便利・快適、充実した共用設備がそろっています。

学生寮について

在校生とその保護者のためのメンタルヘルスカウンセリングサービス「こころとからだの相談ダイヤル24」開設

入学後間もない学生の中には「友だちとの人間関係で悩んでいる」「授業についていけず不安」「最近体調がすぐれない」など、生活環境の変化により、さまざまな悩みを抱えている人も少なくありません。もちろん、こういった学生が抱える悩みに対しても教職員一同真摯に相談対応していきますが、心や体の病については対応しきれない部分もあります。そこで、学生の心と体の病について専門的に対処すべく、本学園では外部健康・メンタルサポート専門会社と連携し、「こころとからだの相談ダイヤル24」を開設しています。これは電話にて健康相談やメンタルヘルス相談に対応するもので、24時間体制でサポートしています。在校生の保護者の方も利用できますので、何かありましたらぜひご利用いただけたらと思います。

在校生とその保護者のためのメンタルヘルスカウンセリングサービス「こころとからだの相談ダイヤル24」解説<

奨学制度や教育ローンなど学費サポートをご利用ください。

東放学園では、本学園独自の奨学制度を設けて、エンターテインメントの世界をめざす方々を学資の面からも積極的にサポートしています。また、日本学生支援機構などの奨学制度や教育ローンもご利用いただけます。

  • ■東放学園の奨学制度(給付型)
    東放学園特待奨学生制度(特待生チャレンジ)
    東放学園卒業生子女奨学金制度
    東放学園卒業生・在校生兄弟姉妹奨学金制度
    東放学園特別育英奨学生制度
    TOHO会『夢応援』奨学金制度(2年生対象)
    東放学園奨学金制度(2年生対象)
  • ■その他の奨学制度
    日本学生支援機構の奨学金
    東京都育英資金(東京都在住者対象)
    新聞奨学生制度
  • ■教育ローン
    国の教育ローン
    民間金融機関教育ローン

詳しくは、「2018年度 募集要項」をご覧ください

在校生 親×子インタビュー

保護者さまの心配、お子さまの夢にかける情熱。どちらもいまだから話せる本音を語っていただきました。

Nさん親子(東放学園専門学校 放送芸術科在籍)

Nさん親子
(東放学園専門学校 放送芸術科在籍)

“漠然とした大学進学”よりも、目標ある2年間を。
自ら選んだ夢を存分に追及してほしい。

――進路について親子の話し合いはいつごろから?

 高校3年生の三者面談のときですね。それまでは正直、就職するとばかり思っていたのですが、担任の先生を通じてはじめて本人の希望を聞かされたカタチです。

 高校が建築系の学科だったので、放送業界という目標が見つかるまでは、「このまま就職するんだろうな」と思っていました。でも、家に帰ったらテレビを見る毎日のなかで、ふと舞台裏の仕事に興味を持ったんです。それで自分でこの学校を探し、三者面談の少し前に先生に希望を伝えました。

――想定外の進路ということで、お母様に戸惑いは?

 戸惑いよりも、むしろ“やりたいことが見つかってよかった”という気持ちが大きかったですね。大学で漠然と4年間を過ごすよりも、目的のある2年間でみっちりと学ぶほうがいいと思ったんです。ただ、やると決めたからには最後までやり通すようには言いましたね。「途中でやめたら学費も返してもらうから」って(笑)。

――学校生活はいかがですか?

 充実しています。特にテレビスタジオを使った授業が好きで、ドラマなどの番組制作実習では、班のみんなと必死にがんばっています(笑)。先生方も厳しいし、かなり大変なのですが、視野が広がっていくのを感じています。

 それを聞くとここにお世話になってよかったなと思います(笑)。最近は勉強が忙しいようで、帰りの時間も遅いですし、がんばっている印象があります。高校時代ははっきりした目標がなかったので“どうするんだろう?”という不安があったんだけど…大人になったよね?(笑)。

 そうかもね(笑)。確かに高校時代に比べれば、やる気や授業に対する思いは全然違うかもしない。

――将来の目標はなんですか?

 バラエティ番組などを手がけるディレクターになりたいです。就職してからが勝負だと思うので、しっかり耐えてひとつの仕事を続けていけたらと思います。自由にさせてもらってることには、やっぱり感謝したいですし、送り出してくれた親のためにも努力を続けたいですね。

 テレビ業界というと、ハードで不規則なイメージがあるから、体だけは大事にしてほしい。番組の最後のクレジットで、名前が出るのを楽しみにしてるからね(笑)。「石の上にも三年」でがんばって。

 うん、がんばる!

 ほとんどの人たちが目標を見いだせないまま進学しているなかで、高校時代に夢を見つけられたのは、とても幸せなことじゃないかと思うんです。その子自ら見つけた夢があるのなら、みなさんもぜひ応援してあげてほしいでね。

進学指導の現場から~高校教諭からのメッセージ

全日制の高校としては日本一の生徒数を誇る作新学院。東放学園ともつながりが深く、これまで150名以上のご卒業生が本校に入学しています。“我が子の学校選び”とどう向き合うべきか? 作新学院にて進学指導に当たられている大島勇先生にうかがいました。

作新学院高校 情報科学部 進学指導委員長 大島 勇 先生

作新学院高校
情報科学部 進学指導委員長
大島 勇 先生

学校選びは未来の生き方を選ぶこと。
早めに学校見学に行くようアドバイスしています。

――大島先生が進路指導の場で留意なさっていることは?

進学に限っていえば、学校選びはそのまま将来の職業選びにつながるということですね。どの学校に入るかが目的ではなく、次のステップとして、めざした職業にちゃんと就けるかがポイントになるかと思います。また生徒の適正はさておき、本人にどれくらいのやる気があるか、単なる憧れでなく、その職業をめざす覚悟があるのかどうかを面談ではよく確かめるようにしています。一方で、親御さんに言われるがままの進学先ではやる気がともなわず、長続きしない例も少なくありません。本人が心から望んで入った学校ならば、たとえ失敗しても後悔がないという面もあると思います。

――専門学校の教育に期待されることは?

各校で努力はされていると思いますが、少し適正の欠ける子に対しても、意欲が持続できるよう適切なアフターフォローをお願いしたいですね。また、高校の3年間では充実した生活が送れなかった子が、専門学校で生き生きとした時間を過ごし“入ってよかった!”というケースもたくさんあります。高校では実現できなかった学生生活、親友作りといった人間関係の構築ができるよう、専門学校側でも手助けしてもらえたらと思います。

――エンタメ業界に対する印象は?

本校がある栃木県は、東京都に比べるとエンターテインメントを生業としている人が少なく、少し縁遠い業界と思われるかもしれません。でも、本校では東放学園をはじめ毎年多数のエンターテインメント系専門学校への進学者を出しています。真剣にエンターテインメントの仕事を志望するのであれば、やはり東放学園のような首都圏の学校を選ぶほうが有利だと話しています。

――学校選びの心構えとして大切なのは、どんなことでしょうか?

最終的には本人の人生は本人自身が決めるべきものですが、親御さんはその決定に口を出す権利があります。決して本人まかせでは済まさないでほしいですね。まずはオープンキャンパスなどの機会を利用して、親子で学校へ足を運び、どのような授業があるのか、めざす職業に就職できるのかなどを確かめることが大事です。そのうえで、将来、本人が何をしているときが一番楽しいのか、充実しているのかを話し合ってもらえたらと思います。

――東放学園についてはどんな印象を?

東放学園には、今まで150名以上の卒業生が進学しており、「エンターテインメント系といえば東放学園」というイメージが定着していますね。就職先の企業一覧などを見ても、大手のエンターテインメント系企業が数多く見られますし、“卒業後の出口”がしっかりした学校だと感じます。そうした情報も十分に集めたうえで、親子でよく話し合い、お子さんの未来を見極めていくことが大切だと思います。

ご相談はこちらまで!お子さまとご一緒に体験入学にもご参加ください

  • 部活動などで平日都合がつかない高校生にオススメ 高校生・保護者のための説明会
  • 学校や部活の帰りに相談したい方にオススメ! なんでも質問DAY


エンタメオープンキャンパスEntertainment Open Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    模擬授業/学校・学科説明/入学制度説明/校舎見学/個別相談

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    学校・学科説明/入学制度説明/校舎見学/個別相談

  • イベント&スペシャル体験入学