卒業生インタビュー/ダンスパフォーマンス科

ダンサー・パイレーツオブマチョビアンさん

コンサートツアー:ゆず『LIVE FILMS BIG YELL』
舞台:梅棒EXTRA『ウチの親父が最強』
ミュージカル『50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~』

ダンサー パイレーツオブマチョビアンさん 03年度卒 / 埼玉県出身
CRAiZ Dance Studio 代表

ダンス+笑いのスタイルが"アナ学"時代に生まれた

マチョさんがダンサーをめざして学生時代に努力をしていたことは?

高校時代は人のマネをして踊る程度で、本格的にダンスをやりはじめたのは“アナ学”に入学してから。毎日がダンス、ダンスという感じで、授業が終わってからも終電まで街角で踊っていました。今思えばトップダンサーの講師陣のもとで、いろいろなジャンルのダンスを吸収できたのは大きかったです。

ちょっと過激なショーケースのスタイルはどうやって生まれたんですか?

“アナ学”の学園祭で後輩と2人で笑えるパフォーマンスをやったのが最初なんです。“ ふんどし一丁でBreakin'のスゴい技をやったら面白いんじゃないか?”みたいな発想からはじまっていて。今はTバックですけどね(笑)。もちろんダンスがヘタだったらただのお笑いになってしまうから、テクニックはちゃんとしてることが大前提。そこはずっと意識してますね。

ショーケース以外にはどんな仕事を?

ゆずなどアーティストのバックダンサーや、ミュージカルへの出演、ダンスのワークショップやスタジオ経営などもやっています。劇場型ダンスエンターテインメント集団・梅棒の舞台では、ダンスの表現力そのものを評価してもらえたから、さらに広げていきたいジャンルですね。これからのダンサーは「うまいね!」からのプラスアルファが求められていく時代。ダンサーとして何を表現したいのかを考える時間も大事にして、毎日の練習にのぞんでください。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP