芸能バラエティ科 カリキュラム一覧

授業動画

リサーチ
リサーチ
リサーチ
リサーチ
リサーチ
リサーチ
リサーチ
リサーチ
リサーチ

1年次

  • 発声・滑舌

    腹式呼吸を身につけ、口径や舌の位置等を確認しながら、一音一音の滑舌やアクセントを意識し声が出せるように訓練する。

  • 演技・表現

    タレントとして必要な芝居での演技力を、喜怒哀楽の表現や身体の動かし方、大きな声での発声などをとおして身につける。

  • ネット動画制作Ⅰ

    TwitterやYouTubeなどのSNSで公開するライブ告知動画や面白動画を、スマートフォンアプリを使って制作する。

  • キャラヴォイスⅠ

    キャラクターの声の役作りを中心に、オリジナルのラジオドラマ台本を使って収録し、声だけの演技表現を身につける。

  • バラエティ番組演習Ⅰ

    バラエティ番組の出演者として求められる基礎的なルールを学び、タレントに必要なトーク力や瞬発力を磨く。

  • バラエティ番組演習Ⅱ

    バラエティ番組の台本の意図を読み取り、自身のプレースタイルやキャラクター、集団の中での役回りを確立する。

  • 漫才Ⅰ

    ボケ・ツッコミの役割やネタのつくり方など漫才の基本を学び、発表を繰り返すことで、人前で話すことや演じることに慣れる。

  • 漫才Ⅱ

    エピソードトークや“笑わせる”ことを意識した話を人前で繰り返すことで、お笑い芸人に必要なネタの構成力とトーク力を鍛える。

  • コントⅠ

    シチュエーション、キャラクター設定、ストーリー展開などの構成要素を理解し、台本の書き方やコントに必要な演技の基礎を学ぶ。

  • コントⅡ

    4~5人での合同コントをつくり、発表する。芝居や演技を学ぶとともに、舞台の使い方、音響、照明など舞台演出も習得する。

  • ネタ構成

    ネタの発想方法や作り方はもちろん、お笑いの歴史や社会流行を交えて学ぶことで、エンターテインメント能力の向上させる。

  • キャラクター

    自分自身のキャラクターを探り、個性を磨き、表現力を身につけることで、セルフプロデュースもできる魅力的なタレントをめざす。

  • タレント心得講座Ⅰ

    芸能やタレントに関する基礎知識、礼儀作法を身につけるとともに、プレイヤー( 芸人、タレント) になるための心構えを知る。

  • ネタみせ・お笑いライブⅠ

    漫才、コントなどのお笑いのネタを自分で作り、ネタみせで披露する。またそのネタを観客前で披露して、笑いをとれるようにする。

  • ネタみせ・お笑いライブⅡ

    ピン・コンビ・トリオなどでオリジナルのネタを披露し、構成作家やプロダクション関係者からダメ出しをうけて精度をあげていく。

    動画を見る
  • ヴォーカルレッスンⅠ

    ストレッチや筋力と呼吸法のトレーニング、ボイストレーニングと自然と声を出せる流れをつくり、持久力と声量アップを図る。

  • ヴォーカルレッスンⅡ

    個性をより強く引き出すために、歌うための体力とともに深く強い呼吸を身につけ、滑舌やリズム感をより正確なものにする。

  • ヴォイストレーニングⅠ

    腹式呼吸、リズム感を中心に歌うためのスキルを身につけ、ステージで揺るぎのないパフォーマンスが演じられるようにする。

  • ヴォイストレーニングⅡ

    リズム感を鍛え、身体の中心からリズム感あふれる歌が歌えるよ うにするとともに、それぞれの個性に合った歌い方を見つける。

  • レコーディング基礎Ⅰ

    オリジナル曲の作詞、歌割り、ハーモニー作り、レコーディングスタジオの機材の操作やレコーディングの流れを学ぶ。

  • レコーディング基礎Ⅱ

    オリジナル楽曲を録音し、編集、トラックダウンなど、プロのらコーディングの現場で行われる過程を繰り返し、体験する。

  • プロデューサーゼミⅠ

    プロ用録音機材のそろうレコーディングスタジオで、音楽プロデューサーによるレコーディング指導を繰り返し、歌唱力を磨く。

  • ライブパフォーマンス・ヴォーカルライブⅠ

    オリジナルの課題曲で振付し、各自のキャラクターを生かしたパフォーマンスや踊りながらの歌唱などの表現力を身につける。

  • ライブパフォーマンス・ヴォーカルライブⅡ

    歌唱やダンス、フォーメーションの習得をとおし、グループとしてのチームワークを学び、観客の前でパフォーマンスを披露する。

    動画を見る
  • 進級発表

    1年間の学習の成果として、自分たちで考えた企画・構成のお笑いライブや、歌って踊り、パフォーマンスを披露するライブを行う。

  • 芸術鑑賞Ⅰ

    専門分野の知識・見識を高めるために、新劇や小劇場演劇、美術展、ライブなどプロのパフォーマンスを鑑賞する。

  • 学園行事Ⅰ

    学内で開催されるさまざまなイベントに参加することで、社会性や協調性を身につけ、コミュニケーション力を磨く。

2年次

  • MC・トーク

    フリートークを構成するポイントを学び、テレビやラジオの番組、イベントを想定したリポートやフリートークを実践的に身につける。

  • タレントネットSNS活用講座

    インフルエンサーとして集客力、影響力のあるタレントになるために有効なネットやSNSの活用方法を学ぶ。

  • ネット動画制作Ⅱ

    TwitterやYouTubeなどのSNSで公開する動画を制作するなかで、効果的な構成やテロップの入れ方、SNSの流行なども学ぶ。

  • 漫才Ⅲ

    「自分が面白いと思うこと」「自分のキャラクター」「感情の起伏」など、ネタ作りのテーマや切り口を実践的に学ぶ。

  • 漫才Ⅳ

    「お笑いの要素」を盛り込みネタを完成させるとともに、お笑い賞レースやライブシーン、プロダクションの特徴も理解する。

  • コントⅢ

    コンビ・ピン・トリオなどそれぞれが自分たちのコントを作りるなかで、台本のクオリティーや演技力の向上を実践形式で学ぶ。

  • コントⅣ

    きっちり見せきるコントやアドリブコント、コーナーコントなど、プロの芸人として通用するスキルを実践的に身につける。

  • バラエティ番組演習Ⅲ

    バラエティ番組やライブなどで行われる企画、コーナーを授業でピックアップし、実際に演者となって繰り返し演習する。

  • バラエティ番組演習Ⅳ

    バラエティ番組の企画やゲームコーナーを想定し、実践することで、キャラクターを活かしたトーク力やアドリブ力を磨く。

    動画を見る
  • 合同コント

    卒業公演をゴールに設定し、全体のパッケージ作り、VTRコント、合同コントなど分担して作り、演技力やコント力の向上をめざす。

  • タレント心得講座Ⅱ

    各自のタレント力や個性を磨きをかけ、星誕オーディションや外部オーディションでの合格・プロデビューをめざす。

  • ネタみせ・お笑いライブⅢ

    漫才、コントなどのお笑いのネタを自分で作り、ネタみせでネタに磨きをかける。完成したネタはお笑いライブで披露する。

  • ネタみせ・お笑いライブⅣ

    授業でネタみせを繰り返えすことで、自分たちのキャラクターに合ったオリジナルネタをつくりあげ、事務所への所属をめざす。

  • レコーディングワークⅠ

    オリジナル楽曲の制作を通して、自分のオリジナリティを高めていく。また繰り返し、聞き直すことで、より良い作品に仕上げる。

  • レコーディングワークⅡ

    ヴォーカリストとしての自分だけの個性を見つけ出し、オリジナル楽曲をレコーディングすることでプロのスタジオワークを学ぶ。

    動画を見る
  • ソロヴォーカルⅠ

    自分の声や音域を知り、声質に合った楽曲を練習力として選び、歌い込み、それぞれの目標や課題に合わせた個人レッスンを行う。

  • ソロヴォーカルⅡ

    声や歌い方のクセを自覚し、自分に合った練習方法を習得するとともに、ひとりでパフォーマンスできる表現力と自信を身につける。

  • キャラヴォイスⅡ

    マイク前での声の演技力を習得するとともに、台本をもとに、さまざまな役を演じることで表現力も身につける。

  • ヴォイストレーニングⅢ

    ピアノを使用しての発声練習ををとおし、ヴォーカリストとしての声の出し方に着目し、各自の個性を磨きをかける。

  • ヴォイストレーニングⅣ

    ハーモニーアンサンブルをとおして、自分のピッチを確認できるようする。また読譜力を身につけ、譜面を見て歌える力をつける。

  • プロデューサーゼミⅡ

    レコーディングした自分の歌を自分で聴き、長所と短所を見つめ直すことで歌唱の本質を理解し、個性ある歌を歌えるようする。

  • ライブパフォーマンス・ヴォーカルライブⅢ

    イベントをとおして、より高い表現力を身につけることで、一人ひとりのキャラクターを活かしたパフォーマンスに磨きをかける。

    動画を見る
  • ライブパフォーマンス・ヴォーカルライブⅣ

    歌唱や、自ら振り付けたダンスを動画で撮影・確認しながら、表現力をプロレベルに引き上げ、観客前でパフォーマンスを実践する。

    動画を見る
  • 卒業制作

    2年間の集大成として、自分たちで考えた企画・構成のお笑いライブや、歌やダンスなどパフォーマンスを披露するライブを行う。

    動画を見る
  • 芸術鑑賞Ⅱ

    専門分野の知識・見識を高めるために、新劇や小劇場演劇、美術展、ライブなどプロのパフォーマンスを鑑賞する。

  • 学園行事Ⅱ

    学内で開催されるさまざまなイベントに参加することで、社会性や協調性を身につけ、コミュニケーション力を磨く。

全学科共通科目

  • ジャズダンスⅠ

    ダンスの基礎となる、身体の使い方、体重移動、音に合わせてリズムを取ることを学び、ダンスの楽しさ知る。

  • ジャズダンスⅡ

    基礎で学んだ内容をより深く追求し、新たなステップ、振り付けも短時間でできるようスキルを磨く。

  • ヒップホップダンスⅠ

    リズム(16ビート、ダウンアップ、裏どり)やアイソレーション(首・胸・腰・肩)などHIPHOP の基本動作とステップを習得する。

  • ヒップホップダンスⅡ

    クラブ・スライド・ムーンウォーク・ボディウェーブなど応用のアイソレーションを身につけ、音の表現のバリエーションを増やす。

  • バレエ入門

    基本ポジションから各ポジションのドゥミプリエ・タンジェ・ジュッテ、応用ステップまでのバレエの基本を学ぶ。

  • クラッシックバレエ

    正しいポジションに加え、ピケやルルベなどの立ち方を身につけるとともに、音楽のとり方を利用したステップを学んでいく。

  • タップダンス

    リズムトレーニングやタップダンスの基本ステップを習得するとともに、ワールドワイドに踊られている定番の振付を覚える。

  • ヴォイストレーニングb

    呼吸・発声の基礎を学ぶ。声帯を鍛えるだけでなく、体幹を鍛え、関節機能のやわらかい、持久力のある身体作りをめざす。

  • 声楽Ⅰ

    身体の使い方、呼吸法、発声法を理解しながら、さまざまな曲を歌う。日本語の構成などにも触れ、明瞭な滑舌、喋りを旋律に乗せる。

  • 声楽Ⅱ

    ソロ曲を使用して身体の使い方、呼吸法、発声、言葉さばき、滑舌など総合的に学ぶ。また、重唱を聞いて音程感の強化にも取り組む。

  • J-POP Ⅰ

    J-POP を通じて、基本的な声の出し方、表現の深さ、他人の声や音を聞く力を高め、一人ひとりが持っている個性に磨きをかける。

  • J-POP Ⅱ

    発声法を磨き、より自分らしい歌唱法を身につけることで、オーディションやライブなどで自己アピールできるようにする。

  • コーラス

    拍・リズム・音程・歌詞を明確に伝えるパート練習を行い、アンサンブルの美しい響き、ダイナミックスと音の広がりを表現する。

  • ポップス

    発声の機能を説明し、実践に向けてのトレーニング方法や歌を覚えるコツを習得するとともに、その心得やマナーも身につける。

  • 洋楽ポップス

    普遍的な洋楽ポップスをレパートリーとすることで、オーディションなどで、一歩抜きん出た歌唱技術を身につける。

  • アテレコ入門

    声優としての発声やマイクの使い方から、役作りまでの演技の基礎を学び、アニメや洋画のアテレコを体験する。

  • インプロ入門

    参加者が互いに尊敬し、協力し合うことが求められるインプロ(即興)の、苦手意識を克服し、自己表現の自信につなげる。

  • アクターズレッスン

    発声・発音はもとより、身体の強化、さまざまなエチュードを使用してアクターとしての基礎をつくりあげる。

  • 演劇ワークショップ入門

    身体作りの基本訓練から、発声発音、感情解放、エチュードなどの演劇手法を使いながら、人前で演じることの楽しさを学ぶ。

  • TV演技

    映像用の撮影機材を使用し、カメラ前での演技を繰り返し行うことで、映像の芝居で求められる演技力を身につける。

  • 殺陣Ⅰ

    殺陣の基本(刀の使い方、体の動かし方)から、シン(斬り役)とカラミ(斬られ役)の両方の動きを習得する。

  • 殺陣Ⅱ

    戦うということの空気の作り方から、リアクションのとり方など、芝居としての殺陣を学び、アクロバットを入れた組手に挑戦する。

  • 日本舞踊入門

    浴衣の着付けと帯結びを覚え、和服を着て動くことに慣れるとともに、座る・立つ・歩くなど和服での所作の基本を習得する。

  • 日本舞踊

    日本舞踊の基本的な型を学び、短い曲を踊る。また、小道具(主に舞扇)を用いて表現の幅を広げる。

  • パントマイム入門

    かべ、ふうせん、つなひき、マイムウォークやドア、顔を洗う、洋服を着るなどパントマイムの基本テクニックを習得する。

  • パントマイム

    舞台や映像演技でも重要なパントマイム。そのテクニックを使って、テーマを決めて、自分だけのオリジナル作品を作る。

  • 中国武術

    美しくなめらかな動きの中国武術を学ぶことで、インナーマッスルやバランスカを鍛え、疲れにくい身体づくりを行う。

  • 舞台制作実習

    木材を使った大道具・小道具を実際に制作。制作過程で尺貫法など舞台用語を理解して、出演者としてのスキルを上げる。

  • ステージ・セッティング

    舞台や照明の仕込みやバラシで使用する道具の名称や使い方など演劇の基礎知識を学び、簡単な舞台を作り上げる。

  • 紙芝居

    感情解放や喜怒哀楽、キャラクター作りなどの基礎を紙芝居をとおして学び、舞台から観客へ届ける表現力の出し方を身につける。

  • 講談

    独特の高さの声にリズムや調子を付けて話す古典芸能である講談の、話芸の基礎や間の取り方、表現の基礎を身につける。

  • 落語

    座ったまま、道具も使わずひとり何役も演じる落語のテクニックを身につけることで、人前で話して伝える力を養う。

  • ドラマリーディング

    俳優や声優などに必要な演技力、表現力を身につける基礎として、台本をどのように読むとくかに焦点を当てて役作りに取り組む。

  • スタジオナレーション実習

    ナレーターに何が求められ、番組のテーマを理解してどのように表現するのか、その手法をマイク前での実習で体現する。

  • ラジオDJ

    ラジオパーソナリティとして、話題のとらえ方や表現方法などの基礎を学び、言葉で情報を伝え、音楽を選曲し、ラジオ番組を制作する。

  • CM実習

    スタジオ録音の実習の中で15秒・30秒のCM 素材に触れながら、その企業や商品を理解し、商品の魅力を言葉で伝える。

  • 司会実習

    司会者の役割、基本姿勢を学び、正しい言葉遣いでイベントやパーティの司会が務められるようにトーク力を磨く。

  • アナウンス実習

    発声・発音・呼吸法など基本を身につけ、ニュース・ナレーション原稿を使用し、テレビやラジオで通用するアナウンス力を養う。

  • フリートーク

    トークの組立てから、その場に応じて自発的に、瞬発的に話すフリートークのテクニックを、実習をとおして身につける。

  • ラップ

    リズムに特化した歌唱法であるラップの、歌唱のコツや構造を理解し、韻の踏み方を主とした作詞法や発想法を習得する。

  • シチュエーションコメディ

    コントでなはない、シチュエーションに沿った笑える表現を学び、普通の表現ではない笑いを意識した表現を習得する。

  • 女性バラエティタレント実習

    女性バラエティタレントに求められる能力や要素を、お笑い芸人や番組スタッフとの関わり方と合わせて実習をとおして学ぶ。

    動画を見る
  • キャラクターゼミ

    オーディションによって選考され、朗読、アフレコ、芝居、ラジオ番組などの実践的な作品制作を行う。

  • Vliber配信入門

    Vliber(ライブ主体に活動するバーチャルタレント)になるためのキャラクター作り、配信の知識や技術の基礎を学ぶ。

  • VTuber動画制作

    企画から魂(中の人)のレコーディング、モーションキャプチャーの映像収録、合成編集を行い、オリジナルのVTuber 動画を制作する。

    動画を見る
  • 演劇概論

    制作スタッフ目線からみた企画から終演までの芝居作りや、演劇史、日本の劇団についてを学ぶ。

  • 作家・演劇研究

    上演までの過程、舞台機構、代表的な作家や戯曲の知識など、演劇に携わる者として必要な基礎知識を学ぶ。

  • 台本の読み方講座

    台本へのアプローチの仕方を身につけ、台本の解釈、役を演じるための役作りにおいて必要な情報を読み取る力を養う。

  • オーディション実習

    自己PR原稿や指定原稿読み、フリートーク、演技、カメラテストなど、実際のオーディション内容を理解し、ノウハウを身につける。

  • センスアップ

    表情、ヘアメイク、カラーコーディネートから歩き方、座り方、写真の写り方、着物の着付け、マナーなど好感を得るセンスを磨く。

  • フォトポートレート

    オーディションで重要となる写真。写真をとおして自分自身を見つめ、表情や衣裳の写り方を確認する。

  • 自分磨きの特別レッスン

    オーディションに向けた自己アピールや課題演技対策などを実践的に取り組む。

  • セルフプロモーション

    オーディションに対する準備や心構えを理解し、人前に立って話をするときの表情の使い方を知る。

  • 体幹をつくる美姿勢メソッド

    オーディションや面接に向けて、正しいキレイな姿勢(土台)・体幹(軸)を作っていき、第一印象で光る姿勢作り(内面)を行う。

  • 言葉遣いのレッスン

    生活上のあらゆる場面を設定し、敬語の使い方、TPOに合わせた言葉遣いやコミュニケーション力を身につける。

  • 伝わる話し方レッスン

    聞き取りやすい声や言葉選びなど「伝わる話し方」と話を聞く力を身につけるためにスピーチトレーニングを繰り返す。

  • パーソナルカラーコーディネート

    色彩とパーソナルカラー理論を習得し、パーソナルカラーを生かしてTPO に合わせたセルフプロデュースをしていく力を養う。

  • 西洋占星術

    西洋占星術の複雑なシステムを基礎から学び、ホロスコープチャートをもとに自分の才能や将来の可能性を占ってみる。

  • 教養基礎講座

    ニュース番組などから世の中の大きなトピック(トレンドや社会の動きなど)を理解し、幅広く話題に対応できる知識を習得する。

  • 文章の書き方講座

    文章の書き方や形式(手紙・メール・論文)を理解し、書いた文章を読み返し、再構築するの習慣を身につける。

  • コミュニケーション基礎

    人間関係とコミュニケーションの仕組みを理解し、一歩進んだ人間関係を築くためのコミュニケーションの持つ効果について学ぶ。

  • ビジネスマナー

    社会人として必要な言葉づかいや電話対応、応対接遇、テーブルマナーなどを学び、就職活動やオーディションなどで活用する。

  • 就職対策演習

    職業観や業界研究、自己分析、自己PRなど、就社だけではなく、進路を決めるときに必要となる意識やスキルについて学ぶ。

  • 情報処理検定

    「Excel」の初歩から関数を使用しての処理方法を学び、情報処理検定(表計算)の4 級から1級までの取得をめざす。

  • 英会話(初級)

    実践的なロールプレイ・スピーチ・対話など基礎的な英語表現を身につけ、英語での簡単なコミュニケーション力を身につける。

  • 英会話(中級)

    基礎的な英語だけではなく、更に複雑な英語を身につけ、英語で意見を言うなど、身のまわりの事柄の話を楽しめるようになる。

  • スペイン語

    発音から単語、文法、挨拶などを学ぶとともに、スペイン語への興味を高めるためにスペイン及び中南米の事柄についても触れる。

  • 中国語

    中国語の挨拶や日常生活によく使う単語や言葉を覚え、シーンを設定した会話をとおして中国語を上達させる方法を学ぶ。

  • スポーツバラエティ

    さまざまなスポーツ(競技)のルールや知識を学び、スポーツが持つ魅力や面白さを伝えるプレゼンテーション能力を身につける。

  • 日本語会話入門a・b

    留学生を対象とした日本語会話講座。シーンを想定した日常会話を身につけるとともに、日本語でのプレゼンテーションを学ぶ。

  • 日本語会話応用a・b

    留学生を対象とした日本語会話講座。テーマ別スピーチトレーニングをとおして、自分の意見をわかりやすく伝える力を養う。

  • アニメ鑑賞

    さまざまなジャンルの代表といえるアニメ作品を、テーマに沿って鑑賞し、自分が今まで触れてこなかったアニメを知る。

  • ドラマ鑑賞

    日本の時代背景を反映して話題となったドラマを鑑賞し、評価されているポイントを理解できるようにする。

  • 舞台演劇鑑賞

    新劇をはじめとして小劇場演劇、商業演劇などさまざまなジャンルの舞台演劇を映像で鑑賞し、俳優としての表現の幅を広げる。

  • 映画鑑賞

    さまざまな映画を鑑賞しながら、なぜその作品が名作になり、その俳優がスターであったのかを解説する。

  • 海外研修

    海外の文化施設やエンターテインメント、アミューズメントに触れ、知識と見聞を広める。ダンスやショーのレッスンも受ける。

  • アクションスタント

    現代のアクションを学ぶ。マット運動からはじめ、素手での殴り合いなどの格闘シーンの実習を行う。

  • 手話

    指の出し方、数の数え方からはじめ、自己紹介、日常会話ができるように専門の講師の指導により学ぶ。

  • 短期就職講座

    自己分析を行い、自分を見つめ直し、採用する側への見せかたを学ぶ。履歴書、就職作文、模擬面接も実施。

  • ビジネスパソコンスキル

    Windows をベースに、パソコン操作の知識を学ぶ。表計算ソフトや簡単なグラフィックソフトも扱う。

  • ボランティア講座

    さまざまな角度からボランティアを体験する。(実績内容/運動会手伝い、車椅子体験など)

  • ゴスペル

    発声から各パートに分かれて歌唱を学ぶ。ゴスペルソングを覚え、最終的には発表会で数曲歌い上げる。

  • ドローン実習

    ドローンの構造や法規則を理解したうえで操縦方法を習得し、ドローンならではの映像を撮影する。

  • 就活直前対策日本語講座

    留学生対象。就職活動における必須項目を実習形式で総合的に学び、話す・書く・聞く・読むの4技能のスキルアップを図り、就職活動の準備を行う。

  • ビジネス日本語基礎講座

    留学生対象。日本での就職を実現するためにビジネスコミュニケーションやマナー、ルールを学び、ビジネス日本語の基礎を身につける。

  • より伝わる日本語

    留学生対象。学校生活や面接などの場面でより伝わる日本語を習得するため、基本の発声・発音に加え、毎回発表等を行いスキルアップにつなげる。

  • ワープロ検定

    日本情報処理検定協会(文部科学省後援)主催の「日本語ワープロ検定」資格を取得するために級ごとのポイントの解説や速度練習などを行う。

  • 秘書検定

    秘書検定の対策をとおして、一般常識やマナーについて学ぶ。

※カリキュラムは変更になる場合があります。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP