卒業生インタビュー/放送音響科

プロデューサー・石井 玄さん

イベント『オールナイトニッポン55周年記念 佐久間宣行のオールナイトニッポン0 presents ドリームエンターテインメントライブ in 横浜アリーナ』
イベント『東京03 FROLIC A HOLIC feat.Creepy Nuts in 日本武道館 なんと括っていいか、まだ分からない』
生配信公演『オールナイトニッポン55周年記念公演 あの夜を覚えてる』

プロデューサー 石井 玄さん 10年度卒
(株)ニッポン放送

さまざまなコンテンツをつくって
ラジオの面白さを伝えたい

現在の仕事を教えてください

エンターテインメント開発部という部署で、イベント、グッズ、本、ポッドキャストなどの制作に携わっています。要するになんでも屋。一人で年間35個くらいの企画を実施していて、非常に忙しいです。ラジオを含め、マスコミの広告収入が下がっているなか、放送以外のところでラジオ局の収入を上げていって、今後もラジオ放送を続けていこうという取り組みです。今はさまざまなことにチャレンジして何が一番効果が高いか試行錯誤しています。もちろん、その根本にはラジオってこんなに面白いものなんですよとアピールしたいという思いがあります。

以前は制作会社でラジオ番組のディレクターをされていましたね

『オールナイトニッポン』をはじめ、多いときで週に6〜7本の番組を担当していました。ただ、10年やったところで、番組でできることはやりつくしたという思いを感じたんです。それなら外に出て、ラジオが注目されるような別のコンテンツをつくろうと思いました。

東放学園在学中はどんな番組を作っていましたか?

エコをテーマにした課題で、エコトママンというキャラクターと公害怪獣が戦うラジオコントを作ったり、クラスメイトの実家に行ってお母さんに出演してもらう番組を作ったり(笑)。実現できなかったものもあるけど、学園祭や授業でとにかくいろんな企画を出しました。当時、制約の多い教育現場で、どうしたら企画を実現できるのか知恵を絞った経験は、今の仕事のやり方にもつながっていますね。

ラジオ業界をめざす学生にアドバイスするとしたら?

今、ラジオ業界は多角的な取り組みをしています。ラジオの放送だけではやっていけない時代なので、これからはさらにいろいろなものが求められると思います。その意味では、ラジオが好きなのは当たり前として、映画を観たり、本を読んだり、さまざまなエンターテインメントに触れておいた方がいいと思います。

最後に今後の夢を聞かせてください

現在、いろいろな業界の方と仕事をさせてもらっているので、そういう方たちと一緒に、まだ誰もつくったことがないようなめちゃくちゃ面白い音声コンテンツをつくりたいですね。

アニメ音響効果・白石唯果さん

アニメ『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』
アニメ『ちいかわ』
アニメ『咲う アルスノトリア すんっ!』
アニメ『骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中』

アニメ音響効果 白石唯果さん 10年度卒
(株)ラプソディ

音響効果の魅力は“音”で
個性を表現できること

白石さんの現在の仕事内容は?

『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』(NHK・Eテレ)や『ちいかわ』(フジテレビ系)など、アニメの音響効果を中心にアニメ映画や邦画、海外ゲームの吹き替えディレクションなど、幅広いジャンルの仕事に携わっています。話題の作品は「観てますよ!」という声をいただくことも多く、うれしい気持ちになりますね。

経験を重ねても「難しいな」と感じることはありますか?

スタッフ間のイメージ共有は、いまだに難しいなと感じます。監督によって好みも違うし、自分が意図した音をほかの人が同じように聞いているかというとそうじゃないこともある。アニメにもさまざまなジャンルがあって、例えば、シチュエーションCDなどセリフがメインの作品なら音楽や効果音の音量を抑えてセリフを大きめにしたり、アクションなら効果音の迫力を出したりなど、それぞれの特性を理解することが大切だと思います。あとは、経験を重ねて慣れることですね。

音響効果の魅力はどんなところですか?

同じ作品でも、効果音は付ける人によってさまざまなので、自分の音を個性として表現できることが音響効果の魅力だと思います。最近は、自分で声優さんの声を録って、効果音も付けてという仕事も少しずつやらせていただいていますが、将来は音響監督をはじめ、ディレクションなど音周りをすべて自分が担う仕事を増やしていきたいですね。

この世界をめざす方へアドバイスを!

在学中に学んだ「Pro Tools」は今の仕事の基礎になっています。とはいえ、実際に現場に出てみるとはじめてのこともたくさんあったし、先輩方の作業のスピードにビックリしました。卒業しても毎日が勉強です。指示を待つ受け身ではなく、「こうやってみましたがどうでしょう」とアピールするくらいの方がほかの人よりリードできますよ。今からそういう意識を持つといいと思いますね。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • メール相談

    メール相談

    留学生の入学について知りたいことや相談したいことがある方はこちら

    相談する

  • フリーダイヤル相談

    フリーダイヤル相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方、海外にお住まいの方はこちら

    申し込む

    申し込む

PAGE TO TOP