2020年5月11日

映画制作科の卒業制作『会いたい、ウリ』撮影現場レポートを公開!

浅草にて行った2019年度卒業制作『会いたい、ウリ』ロケの一幕。

浅草にて行った2019年度卒業制作『会いたい、ウリ』ロケの一幕。

監督が演者に演出意図を説明しています。

監督が演者に演出意図を説明しています。

監督の求める画を撮ることにこだわる撮影部。

監督の求める画を撮ることにこだわる撮影部。

録音部はマイクで収音した音声をミキサーが微調整しています。

録音部はマイクで収音した音声をミキサーが微調整しています。

埼玉県の閉校になった高校の体育館を借りて行ったロケ。

埼玉県の閉校になった高校の体育館を借りて行ったロケ。

冒頭のシーンの長セリフ。広い体育館にカチンコの音が響きます。

冒頭のシーンの長セリフ。広い体育館にカチンコの音が響きます。

キャストの邵 広基さんと趙 沙良さん、監督・脚本をつとめた申 翔太さん。

キャストの邵 広基さんと趙 沙良さん、監督・脚本をつとめた申 翔太さん。

映画制作科の卒業制作(グループ制作)は、1班10~15名程度のグループでオリジナルの映画を制作します。「作品をとおして何を伝えたいのか、なぜこの作品を撮りたいのか、観る人は共感できるのか...」自問自答を繰り返しながら、自分の根源にあるものを表現することでリアリティを追求し、唯一無二の作品を制作しています。

 2019年度 卒業制作『会いたい、ウリ』(監督・脚本:申 翔太)のロケの様子を写真でご紹介します。


2019年度卒業制作『会いたい、ウリ』
監督・脚本:申 翔太



あらすじ
在日コリアン4世である李一樹(17)は朝鮮高級学校に通っている。ある日、李の父親が日本人の恋人を作り、家を出てしまった事により15年ぶりに母に会いに行く。母は日本人と再婚して帰化していた。「一樹も帰化すれば?」と迫られるが、、、


オープンキャンパスOpen Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    9月27日 (日) ・10月11日 (日)

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    10月3日 (土) ・10月25日 (日)

  • イベント&スペシャル体験入学

東放学園映画専門学校

東放学園映画専門学校