卒業生インタビュー/プロモーション映像科

映像ディレクター・雨包直人さん

ライブ映像:ONE OK ROCK『ONE OK ROCK 2018 AMBITIONS JAPAN DOME TOUR』
ライブ映像:星野源『DOME TOUR“POP VIRUS”at TOKYO DOME』

映像ディレクター 雨包直人さん 03年度卒 / 大阪府出身

好きな音楽と映像を両方追求できる

この業界をめざしたキッカケは?

もともと漠然と映像に興味があって東放学園に入ったのですが、放課後などライブハウスに通ううちに、好きな音楽と映像を両方追求できるミュージックビデオ(MV)に可能性を感じるようになったんです。あと、学校のMVの制作実習で監督を務めたのも、現在につながる大きな体験でしたね。

数多くのライブ映像を監督されていますが、どんなところにこだわっていますか?

ひとつは、当日そこにいたお客さんにも見えなかったライブの姿を多角的なカメラワークで伝えること。もうひとつは、歌・パフォーマンス・演出という3つの要素をうまく拾い上げ、アーティストのオリジナリティを感じてもらうことですね。たとえば星野源さんのライブは、バックのミュージシャンに凄腕を揃えているのがひとつの魅力。ご本人もそこはこだわりがあるので、ミュージシャンのカットは随所にフィーチャーしています。

映像ディレクターという仕事の醍醐味は?

たくさんのスタッフを動かしていく作業は大変ですが、撮影を通じてアーティストの人生に触れ、ときには一緒に歩んでいく感覚さえ味わえるのがこの仕事の面白さ。一緒に番組をつくってきたSuchmosが3年後に“横浜スタジアム”という目標を目の前で実現したときは、本当に感動しました。この世界をめざすなら、自分にとって何がグッとくる映像かを見いだすことが大事。学生のうちに好きなことをとことん突き詰めてください。

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP