2021年6月9日

ONE OK ROCKの生配信ライブを手掛けた映像ディレクター・雨包直人さんによる「特別講座」を実施!

アーティストのライブ映像やドキュメンタリー映像を手掛ける映像ディレクター・雨包直人さん(03年度卒)をお迎えした「特別講座」をオンラインで行いました。

アーティストのライブ映像やドキュメンタリー映像を手掛ける映像ディレクター・雨包直人さん(03年度卒)をお迎えした「特別講座」をオンラインで行いました。

Google Meetで行ったオンライン特別講座。プロモーション映像科の学生たちから次々と質問が上がりました。

Google Meetで行ったオンライン特別講座。プロモーション映像科の学生たちから次々と質問が上がりました。

 6月1日(火)プロモーション映像科1・2年生を対象とした「特別講座」は、卒業生の雨包直人さん(03年度卒)をゲスト講師にお迎えして実施しました。

 雨包さんは、ONE OK ROCKや星野源、[Alexandros]、GLAY、Suchmosなど、名立たるアーティストのライブ映像やドキュメンタリー映像のほか、音楽フェス『SWEET LOVE SHOWER』の特別番組で総合演出も手掛ける映像ディレクター。

 講義では、雨包さんがこの1年で携わった配信ライブを中心に、コロナ禍で変化した映像ディレクターの仕事と役割についてお話しいただきました。

 ONE OK ROCKが世界に向けて配信したZOZOマリンスタジアムでの無観客生配信ライブ、星野源の生配信イベントでは、配信でしかできない試みをたくさん行ったという雨包さん。

「コロナ禍により映像の立ち位置も変わってきて、照明や特殊効果、撮影場所にも意見を求められるようになってきました。映像ディレクターにとって、よりやりがいのある時代に入ってきたと感じています」

 音楽映像業界の最前線に携わる先輩から、リアルな現状を聞くことができた学生たち。講義の後半は、学生たちからの質問が絶えず、「アーティストと仕事をする上で大切にしていることは?」「ライブDVDと配信ライブの違いは?」「提案をするときに気をつけていることは?」「どんな人やモノから影響を受けたり、アイデアを得ていますか?」「学生時代にすべきことは?」など、一つひとつ丁寧に応えてくれました!


オープンキャンパスOpen Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    6月27日 (日) ・7月11日 (日)

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    7月10日 (土) ・7月17日 (土)

  • 各種オンラインオープンキャンパス

  • イベント

東放学園映画専門学校

東放学園映画専門学校