映画VFX専攻科は、大学3年生以上、大学・短大・専門学校の卒業生および社会人を対象とした学科です。

※大学とのダブルスクールは、本科の授業履修などに影響が出ない状況であることが条件です。

映画の学校でVFX・CGを学ぶ!
クリエイティブ業界に就職しよう!

めざす仕事

コンポジター/VFXアーティスト/CGクリエイター/
映像エディター/映像クリエイター

東放学園で唯一の1年制・夜間学科が、VFX・CG専門コースとしてリニューアル! カリキュラムには、映画(実写)のVFXを積極的に取り入れ、今まで以上にコンポジット(合成)について深く学べる授業を揃えています。基本的な2D・3Dの合成や日本の特撮技術について実習をとおして学んでいくなかで、ソフトウェアのオペレーションだけにとどまらず、総合的にVFX技術やコンポジット作業について深く理解した、豊かな発想力のある人材を育成していきます。

  • 東放学園映画専門学校 映画VFX専攻科Twitter

学びのポイントPoint

映画VFX専攻科のポイントを紹介

POINT1

VFX・CGを夜間・1年間で学べる!

本科では、VFX・CGに関連する知識とテクニックを1年間で集中的に学びます。ソフトウェアのオペレーションだけでなく、特撮技術とVFXを融合させた撮影実習を行い、そこで撮影した素材をコンポジット(合成)して、映像作品を完成させるまでの一連の過程を経験します。映画の学校だから、撮影機材・設備も充実。撮影スタジオ「STUDIO Dee」や4Kデジタルカメラ「RED」、コンピュータルームなど、業界標準の機材・設備が揃っています。授業時間外も貸し出しOKな機材を使って、授業の予習・復習や自主作品制作などに打ち込むことができます。また最先端のデジタルに関する知識や技術を「CGエンジニア検定対策講座」、映像や音響についての知識を「JPPA試験対策講座」「ビデオエンジニアリング」の授業で学び、業界で認められている資格取得とともに、スキルアップをめざします。

  • 4Kデジタルカメラ「RED」やブルーバックを使った「特撮VFX撮影実習」 4Kデジタルカメラ「RED」やブルーバックを使った「特撮VFX撮影実習」
  • 授業時間外も貸出OKな機材を使って、1年間作品制作に打ち込める 授業時間外も貸出OKな機材を使って、1年間作品制作に打ち込める
  • 白組・岩本晶監督の授業では、VFX作品における実写映像の撮影からフィニッシュワークまで学ぶ 白組・岩本晶監督の授業では、VFX作品における実写映像の撮影からフィニッシュワークまで学ぶ
  • 映像の設計図である「絵コンテ」の読み解き方まで理解する 映像の設計図である「絵コンテ」の読み解き方まで理解する
POINT2

日本のVFXを牽引する映像制作プロダクション・
株式会社白組が学科アドバイザーに就任!

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』『DESTINY 鎌倉ものがたり』などを手がける(株)白組が、映画VFX専攻科のアドバイザーに就任。日本のVFXを牽引する映像制作プロダクション・白組のクリエイターが、いま映像制作現場で求められている最先端の映像技術を伝えていきます。

白組

(株)白組

日本のVFXを牽引する映像制作プロダクション。映画・CM・アニメ・ゲームムービーなど多岐ジャンルにわたりハイクオリティな作品を世に送り出している。

おもな作品

  • 『DESTINY 鎌倉ものがたり』、『海賊とよばれた男』、『シン・ゴジラ』(Visual Effects)、『にゃんぼー!』、『STAND BY ME ドラえもん』、『永遠の0』、『SPACE BATTLESHIPヤマト』、『ALWAYS 三丁目の夕日』など

■本格海戦ゲーム『蒼焔の艦隊』オープニングムービー 岩本晶監督(白組)

  • 本格海戦ゲーム『蒼焔の艦隊』オープニングムービー 岩本晶監督(白組)
  • 本格海戦ゲーム『蒼焔の艦隊』オープニングムービー 岩本晶監督(白組)
  • 本格海戦ゲーム『蒼焔の艦隊』オープニングムービー 岩本晶監督(白組)
  • 本格海戦ゲーム『蒼焔の艦隊』オープニングムービー 岩本晶監督(白組)

©LiberEntertainment Inc.

講師インタビュー

(株)白組 岩本 晶さん 映画監督・VFXディレクター

(株)白組
岩本 晶さん
映画監督・VFXディレクター
担当科目:コンポジット演習Ⅰ・Ⅱ

1991年(株)白組に入社。おもな作品は、映画『シン・ゴジラ』CGディレクター、NHK Eテレ『にゃんぼー!』監督・脚本・演出、ゲーム『蒼焔の艦隊』PV・OPムービー監督、映画『トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!』監督・VFXスーパーバイザーなど。

作品作りを重視した演習で、白組のノウハウを惜しみなく伝えていく。

 YouTuberの人気ぶりを例に取るまでもなく、最近は誰もが手軽にハイクオリティな映像を公開できる時代になりました。では、そのなかで映像のプロフェッショナルたちは、“お金をもらって何をするのか”。いま、業界に求められているのは、個々の分野で突出した才能や得意ワザを持ち、アマチュアでは及ばないような、映像の付加価値を提供できる人材です。

 白組のチームにも、モデリング大好き、エフェクト大好きといったスペシャリストが多数在籍しており、監督の漠然としたオーダーにも、“好きだから”の思いで、想像を超えたものを提案してきます。たとえば、Visual Effectsを担当した『シン・ゴジラ』における戦車の砲撃シーン。あのリアリティは、ひとりの戦車マニアのCGクリエイターによる、尋常でないディテールへのこだわりが大きく貢献しているんですよ。

 そして、デジタルツールがいくら進化しても、その機能を使いこなすだけでは、プロとして不十分です。演出が投げかけたテーマに基づいて、“何を見せたいのか”を明確な目標として感じ取り、資料探しから完パケまで、チームの一員としてプロジェクトを全うできる能力が必要なんですね。

 そのため映画VFX専攻科の授業では、なによりもトータルな“作品作り”に主眼を置き、私が白組で培ってきた経験をもとに、現場目線のアドバイスができればと考えています。実習の課題は、たとえ1カットでも、YouTubeなどで公開される前提で完成させる。そして互いに作品を評価し合い、ディスカッションを重ねてみる。教室では、私が上司で学生が部下というくらいの気構えです。ある種の緊張感を通じて、グループでの協調性、スケジュール感といったプロの仕事感覚も身につけてほしいですね。

 大事なのは“寝ても覚めてもVFX”というぐらいの学生時代を過ごすこと。“好き”を原動力に試行錯誤を重ね、「キミじゃないと困るんだ!」というVFXクリエイターに成長してくれることを願っています。

そのほかのおもな講師

小倉 研二さん CGジェネラリスト

小倉 研二さん
CGジェネラリスト
担当科目:3DCGⅠ・Ⅱ

1996年(株)オムニバス・ジャパンにCGアニメーターとして入社、2002年よりフリーランスにてジェネラリストとして活動。CM・PVを中心に映画・MVなど多数のCG制作に参加。代表作にWeb映像『Roland「kyola」』『BOSS「waza amp」』、CM『AGF「ブレンディ」』『妖怪ウォッチ』などがある。

秋山 一憲さん CGディレクター・コンポジター

秋山 一憲さん
CGディレクター・コンポジター
担当科目:デジタルコンポジットⅠ・Ⅱ・Ⅲ

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、ゲーム『ファイアーエンブレムif』、ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』、ドキュメンタリー『NHKスペシャル「人体」』などのCG映像制作に参加。2018年(株)アーノルドジャパンへ入社し、クラウドレンダリングのサポートを行いつつ、海外のパイプライン導入へ向けた準備なども行う。

達富 喜美男さん (株)キュー・テック 管理部 シニアリクルーティングマネージャー

達富 喜美男さん
(株)キュー・テック
管理部 シニアリクルーティングマネージャー
担当科目:特別講座

1977年(株)音響ハウスに入社、音楽番組やPV、CMの編集などを担当。1988年より(株)いちじゅ・スタジオMESAの設立に参加。数多くのCMや映画『東京夜曲』などの編集に従事。2001年(株)キュー・テックにスタジオMESAの営業権譲渡と共に移籍し、現在に至る。

POINT3

クリエイター必須のアプリケーションを習得!

本科のカリキュラムは、映像制作の現場で求められる幅広いスキルを習得するため、業界標準のアプリケーションを学べる科目で構成しています。ハリウッド映画などハイエンドな映像作品で使用されているコンポジット(合成)ソフト「NUKE」や「After Effects」、3DCGグラフィックスソフト「MAYA」「3ds Max」、画像編集には欠かせない「Photoshop」「Illustrator」などを総合的に習得します。

  • コンポジット(合成)ソフト「Adobe After Effects」 コンポジット(合成)ソフト「Adobe After Effects」
  • 3DCGグラフィックスソフト「Autodesk MAYA」 3DCGグラフィックスソフト「Autodesk MAYA」

おもなアプリケーション

  • Foundry NUKE/Adobe After Effects/Autodesk MAYA/Autodesk 3ds Max/Avid Media Composer/Adobe Premiere Pro/Adobe Illustrator/Adobe Photoshop ほか
POINT4

高い教育効果をもたらすクォーター制を導入!

本科では、一部の授業でクォーター制(4学期制)を導入しています。通常は一科目を週1回で受講するところ、クォーター制では週2回で受講します。ひとつの科目・アプリケーションを短期間で集中的に習得することで、効率よく学ぶことができます。また1週間に学ぶ科目数が半減し、少ない科目をじっくり学ぶことができます。

高い教育効果をもたらすクォーター制を導入!

POINT5

インターンシップでプロの現場を体験できる!

本科では長年に渡り、都内の有名ポストプロダクション各社の協力のもと、「インターンシップ」を実施しています。在学中からプロの現場を経験し、実際の仕事の流れや現場の雰囲気を体感することは、学生たちにとってたいへん有意義な経験となっています。また、ここで得た人脈や経験は、就職活動をするうえで最強の武器になっています。

Student Voice

インターンシップ制度は、企業の生の声にふれる絶好の機会。

インターンシップ制度は、企業の生の声にふれる絶好の機会。

喜納 直輝さん

Profile

沖縄県立具志川高校卒業後、琉球大学に進学。映像の仕事へのあこがれから大学を休学して、東放学園映画専門学校に入学。インターンシップに参加した(株)キュー・テックに就職。

―入学前からインターンシップに興味はありましたか?
大学では情報工学科で映像処理を専攻していたんですが、映像編集など、よりクリエイティブな分野に関わりたくて、東放学園への入学を決めたんです。なにより、“就職すること・業界に入ること”が目標でしたから、インターンシップにはぜひ参加したかったですね。
―実際に体験してみていかがでしたか?
映像編集の仕事を細部まで見ることができたので、それまで漠然としていた仕事のイメージを明確にすることができました。一方では、専門用語など現場で交わされる会話も理解でき、授業で学んだ知識がちゃんと活かせることを実感しましたね。インターンシップの期間中には、就職に向けたさまざまな質問をさせていただく中で、企業の生の声を聞けるいい機会になりました。
―就職先となった(株)キュー・テックの研修に参加した経緯は?
キュー・テックで働いている方が授業で来校されていて、声をかけていただいたのがきっかけなんです。そこへ先生の後押しもあってインターンシップが実現し、そこでのアピールが内定につながったんだと思います。映像業界に入るという目標を叶えられて、嬉しかったですね。
POINT6

卒業生がVFX・CGの最前線で活躍中!

本科の卒業生は日本国内外のポストプロダクションで、コンポジター・VFXアーティスト・CGクリエイター・映像エディター(映像編集)のスペシャリストとして活躍しています。アメリカ・ロサンゼルスにて、ハリウッド映画に携わっている卒業生もいます。

Graduates' Voice

稲垣 充育さん(07年度卒) VFXコンポジター フリーランス

稲垣 充育さん(07年度卒)
VFXコンポジター
フリーランス

Profile

東放学園卒業後、CG制作会社での勤務を経て、フリーランスのコンポジターとして活躍。おもな作品は、映画『亜人』『東京喰種トーキョーグール』『シン・ゴジラ』『テラフォーマーズ』、TV『NHKスペシャル 生命大躍進』『NHKスペシャル 戦艦武蔵の最期』など。

VFXのスキルをピンポイントで学べる1年間。ぜひ学校の機材や設備を使いたおしてください!

もともと大の映画好きで、会社員から一念発起して、VFXの世界をめざしました。数ある映画学校の中から東放学園を選んだのは、自分の求めるコンポジット(合成)のスキルがピンポイントで学べ、つくりたいものに集中できる環境だったからです。

1年間の短期集中型だけあって、カリキュラムはかなりハードでしたが、ステップごとに復習を徹底することで、求める技術が効率的に学べたと実感しています。卒業後はCG制作会社で経験を積み、その後フリーのコンポジターに。実写映画のコンポジットを担当する際は、実際の風景とCG素材の合成がより自然に見えるように仕上げつつ、そこから監督の求めている表現になるように画作りをしていきます。コンポジターは映像の最終段階を担うポジションだけにプレッシャーもありますが、“合成によって最後の絵をつくりあげる”作業には、大きなやりがいを感じます。映画VFX専攻科では、そんなコンポジットのスキルと併せて、カメラやレンズの知識もぜひ身につけてください。たとえ実写映画におけるフルCGカットであっても、我々はすべての映像素材を“カメラで撮ったもの”と仮定して合成を行うからです。幸い、東放学園には「RED」などデジタルシネマの撮影機材が揃っています。学校のカメラを借りて“なにかを撮ってみる”のも、すごくいい経験になると思いますよ。

山下 奈津子さん(04年度卒) Flameアーティスト Lola Visual Effects

山下 奈津子さん(04年度卒)
Flameアーティスト
Lola Visual Effects

Profile

東放学園卒業後、日本のポストプロダクションで働いたのち渡米。おもな作品は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』など。

「ハリウッドで映画の仕事がしたい!」そのエネルギーが私の原動力でした。

東放学園卒業後は、CMをメインとするポストプロダクションに就職したんですが、「やっぱり映画の仕事がしたい!やるなら海外で!!」という想いからハリウッドへの興味が広がりました。

休日は人脈をつくるために、海外のクリエイターに出会えるセミナーやイベントを探しては、片っ端から参加していましたね(笑)。積極的にアクションを起こした結果、現在はロサンゼルスのLola Visual Effectsというスタジオで、Flameアーティストとして働いています。いまハリウッドでコンポジターソフトといえば「NUKE」を使うことが多いのですが、最近私が担当しているビューティー・ワークの作業では、おもに「Flame」を使用しています。日本でCMの仕事をしていたころも「Flame」を使っていましたが、当時東放学園で学んだことがとても力になったのを覚えています。在学中は、第一線で活躍されているプロの方に直接指導してもらえたり、インターンシップで都内の主要ポストプロダクションに行く機会を得られたりと、業界への橋渡しをしてもらえるのがとても心強かったですよ。

平井 智幸さん(06年度卒) VFXコンポジター (株)イクシード

平井 智幸さん(06年度卒)
VFXコンポジター
(株)イクシード

業界注目のツール「NUKE」の授業は、僕自身も学び直したいくらいです!

大学時代、ゼミでショートムービーをつくった経験から映像に興味を抱き、とりわけ“ワンカットを仕上げる合成の分野”に魅力を感じて、この世界をめざしました。

学校選びは迷わなかったですね。大卒者を受け入れてくれて、1年制の学科で…。そして敬愛する堤幸彦監督が卒業生とくれば、もう東放学園で即決でした(笑)。卒業者はコンポジターとして、CMやWebムービーなど、広告中心の映像に関わっています。昨今のCMでVFXが施されていないものはほとんどないといってもよいでしょう。さまざまな技術を駆使してハイクオリティな映像を提案しながら、監督の求めるイメージを実現していきたいですね。東放学園で培われたスキルは、そんなCMの世界で使われるツール「Flame」の技術につながるもので、自分には“どストライク”といえるほど役立つものでした。聞けば映画VFX専攻科では、「NUKE」をいち早く導入されるとか。今後仕事に取り入れたいと思っていたシステムだけに、僕自身ももう一度入学して学び直したいくらいですよ(笑)。当時の同級生は大卒や社会人など同世代の人も多く、いまでも連絡を取り合う間柄。仲間の存在も大きな財産ですね。

おもな就職先

  • アオイスタジオ(株) / (株)IMAGICA / (株)イマジカデジタルスケープ / (株)イメージスタジオ・イチマルキュウ / (株)エヌ・デザイン / (株)オムニバス・ジャパン / (株)音響ハウス / (株)キュー・テック / (株)サウンド・シティ / ソニーPCL(株) / (株)TYOテクニカルランチ / (株)デジタル・ガーデン / (株)デジタルエッグ /日本映像クリエイティブ(株) / (株)ピラミッドフィルム ピースリー / (有)マリンポスト / (株)レイ / レスパスビジョン(株) ほか

おもなカリキュラムMain curriculum

映画VFX専攻科のカリキュラムを紹介

  • デジタルコンポジットⅠ

    デジタルコンポジットⅠ

    コンポジット(合成)ソフト「AffterEffects」のオペレーションを学び、映像合成の基本を習得する。

  • 3DCGⅠ

    3DCGⅠ

    3DCGソフト「3ds Max」の基本的な概念から、制作工程、3Dデータの扱いなどを学ぶ。

  • 特撮VFX撮影実習

    特撮VFX撮影実習

    4Kデジタルカメラ「RED」やブルーバックを使った撮影実習をとおして、実写合成の技術を習得する。

  • ノンリニアエディティングⅡ

    ノンリニアエディティングⅡ

    オフライン編集の主流であるノンリニア編集ソフト「Avid」の実践的なオペレーションを習得する。

時間割例(3学期)

授業時間 18:10~21:20 ※一部16:30~18:00の授業あり。

表の閲覧方法表を指で左右にスワイプ(横にスライド)してください。

表の閲覧方法
表を指で左右にスワイプ(横にスライド)してください。

時限 時間
9 16:30~
18:00
特別講座 CGエンジニア
検定
※年5回
10 就職講座
11 18:10~
19:40
3DCGⅠ 3DCGⅠ コンポジット実習Ⅱ デジタル
コンポジットⅢ
(NUKE)
デジタル
コンポジットⅢ
(NUKE)
 
12
13 19:50~
21:20
14

●クォーター制の授業は1週間に2回実施
●クォーター制の授業は1科目が2カ月(約8回)で終了
●一部の授業は、セメスター制(前期・後期)で実施
●セメスター制(前期・後期)の授業は1科目が4カ月(約15回)で終了

※授業の内容や時間割は変更になる可能性があります。ご了承ください。

おもな卒業生Major graduates

エンタメ業界で活躍する卒業生を紹介

VFXコンポジター 稲垣 充育さん(07年度卒)

VFXコンポジター

稲垣 充育さん(07年度卒)

おもな仕事・作品・番組など

映画『亜人』『東京喰種トーキョーグール』『シン・ゴジラ』『テラフォーマーズ』

最新ニュースNews

東放学園映画専門学校 映画VFX専攻科のニュースを随時更新!


オープンキャンパスOpen Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    6月24日 (日) ・7月8日 (日)

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    6月23日 (土) ・6月30日 (土)

  • イベント&スペシャル体験入学

  • なんでも相談DAY

  • 大学生・社会人のための相談会

  • 東放学園指定学生寮の無料体験入寮≪10月までの限定プラン≫

グループ校のおすすめ
オープンキャンパスGroup schools OpenCampus

  • 放送芸術科「テレビ番組をつくってみよう!」

  • 放送技術科「テレビ番組撮影・編集入門」

  • 演技科「ドラマ・映画俳優レッスン」

東放学園映画専門学校

東放学園映画専門学校