在校生スクールライフ/小説創作科

小説を愛する仲間に出会えた!

小説創作科

沖津瑠美さん

長野県私立さくら国際高 出身

小説創作科 沖津瑠美さん

「基礎文章作法」などの授業のおかげで、表現力が格段にアップ

16歳のときに書いた二次創作小説で“誰かに読んでもらう喜び”を知り、やがて小説家をめざして東放学園へ。入学後は「基礎文章作法」などの授業のおかげで、表現力が格段にアップし、以前の文章が恥ずかしく思えるほどです(笑)。私の小説を同じ目線で見つめてくれる仲間と巡り会えたことも大きいですね。それまで学校というものになじめなかった私も、今では運動会で全力で綱引きしたり、学園祭実行委員を務めたりと、あらためて学生生活を満喫しています!

時間割

(沖津さんの場合)

1 9:00~9:45 コミュニケーション演習          
2 9:45~10:30          
3 10:40~11:25 就職講座Ⅰ 実践文章作法   基礎文章作法    
4 11:25~12:10      
5 13:00~13:45 創作演習Ⅰ ゲームシナリオ・ボイスドラマ制作Ⅰ 特別講座Ⅰ/
アサウラゼミⅠ
物語教養講座 現代美術  
6 13:45~14:30  
7 14:45~15:30 描写技術Ⅰ 心理
スキルアップⅠ
創作探求論    
8 15:30~16:15    
9 16:30~17:15     現代日本文学の作品を読む 作品討論Ⅰ    
10 17:15~18:00

※時間割は学年やクラス、個人によって異なります。

スクールライフフォト

01 同志にしてライバルの意見がすごく参考になる

同志にしてライバルの意見がすごく参考になる

ひとつの作品を読んでディスカッション。人によって見方が違うのが面白いし、同世代で意見をいいあえる貴重な時間。

02 サマーセミナーで京都へ取材旅行!

サマーセミナーで京都へ取材旅行!

和風ファンタジーの執筆をめざして京都へ。いい刺激になったのか、これ以降バリバリ書けるようになりました。

03 お気に入りは『ワールドトリガー』&『空の境界』

お気に入りは『ワールドトリガー』&『空の境界』

部屋の本棚には、マンガや小説がズラリ。奈須きのこさんの『空の境界』は、私にとってお手本のような作品。

1ヶ月の収支

収入

  • 仕送り 30,000円
  • アルバイト 100,000円

支出

  • 家賃 70,000円
  • 光熱費 15,000円
  • 食費 30,000円
  • 雑費 10,000円
  • 携帯電話代 5,000円

お問い合わせ・ご相談

  • LINE相談

    LINE相談

    東放学園のアカウントから、LINEのトークで1対1の相談ができます

    友だち追加

  • 電話相談

    電話相談

    急ぎで確認したいことがある方、申し込み内容の変更などはこちら(通話無料)

    電話する 0120-343-261

  • 個別相談

    個別相談

    ご自身の都合に合わせて対面での相談をご希望の方はこちら

    申し込む

  • オンライン個別相談

    オンライン個別相談

    ご自宅からお気軽にオンラインで相談したい方、遠方の方はこちら

    申し込む

PAGE TO TOP