留学生インタビュー

在校生インタビュー

東放学園4校の在校生からのメッセージ(母国語)です。

林 芳葦(台湾出身)
東放学園専門学校
照明クリエイティブ科
ONKY JAVIANTO(インドネシア出身)
東放学園映画専門学校
映画制作科
張 瑩(中国出身)
東放学園映画専門学校
アニメーション映像科
李 東勲(韓国出身)
東放学園音響専門学校
音響技術科
鄭 穎翹(香港出身)
専門学校東京アナウンス学院
放送声優科

卒業生インタビュー

2PMやWonder Girls、GOT7、TWICEなどのレコーディングを担当。

2PMやWonder Girls、GOT7、TWICEなどのレコーディングを担当。

金 龍雲
レコーディングエンジニア
株式会社JYPエンターテインメント
韓国出身/2011年3月卒業

2PMやWonder Girls、GOT7、TWICEなどが所属する韓国芸能事務所のレコーディングエンジニアを担当。ライブではサウンドアドバイザーとして、PAミキサーと協力し、会場の音作りも行います。韓国のアカデミーで勉強し、PA会社で働いていましたが、海外アーティストと多く仕事をする中で、もっと技術を磨きたい!日本語も話せるようになりたい!と思い、会社を辞めて日本に留学しました。新聞奨学生をしながらの学生生活はとても忙しかったのですが、あたたかく見守ってくれた先生方のおかげで無事卒業。学費や生活費など、苦しいこともあるかもしれませんが、留学するときに描いた目標を忘れず、がんばれば必然的に結果はついてくると思います。

ONE OK ROCKやFTISLANDのコンサートや、『リスアニ!LIVE TAIWAN』などのイベントを担当しています。

ONE OK ROCKやFTISLANDのコンサートや、『リスアニ!LIVE TAIWAN』などのイベントを担当しています。

王 姿予
プロジェクトマネージャー
好玩國際文化股份有限公司
台湾出身/2010年3月卒業

現在は台湾で、ONE OK ROCK、きゃりーぱみゅぱみゅ、FTISLAND、CNBLUE、Roy Kimなどアジアで活躍するアーティストのコンサートや、『リスアニ!LIVE TAIWAN』などのイベントの制作に、プロジェクトマネージャーとして参加しています。海外のアーティストを台湾でコーディネートするには、お互いの信頼関係とバランスが大切です。とても難しいですが、コンサートやイベントが成功すると“やった!”という充実感があります。これからは日本の音楽やイベントプログラムを台湾だけでなく、香港や中国も展開していきたいと思っています。日本で学んだ音楽ビジネスの知識やノウハウ、そして日本語でのコミュニケーションがとても役に立っています。“好き”という気持ちを持ち続ければ、きっと夢はかなうと思います!

説明会も活用して、情報収集をしっかりと!

説明会も活用して、情報収集をしっかりと!

全 昡怜
アシスタントプロデューサー
株式会社ザ・ワークス
韓国出身/2010年3月卒業

日本のテレビ番組のアシスタントプロデューサーをやっています! アシスタントプロデューサーはプロデューサーを補佐する役割で、キャスティング業務では出演者の選定から出演交渉まで手がけます。収録後、出演者から「面白かったよ!」と喜んでもらえたときはやりがいを感じます。放送業界をめざすなら、将来の目標を明確に持つことが大切です。説明会や相談会など学校には積極的に足を運び、いろんな人の意見を聞いて、しっかり情報を集めた上で一步を踏み出してください。就職活動は誰よりも早めにスタートすることを心がけ、あきらめずに何社でもチャレンジしてください。

『ビジネス日本語』の授業が役立ちました!

『ビジネス日本語』の授業が役立ちました!

シッティコンロー クリッサニー
アシスタントディレクター
株式会社極東電視台
タイ出身/2015年3月卒業

現在はアシスタントディレクターとして、『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京)などの人気バラエティ番組を制作や、海外コンテンツのプロジェクトを担当しています。お笑いネタの言葉が理解できない部分があったり、まだまだ日本語・日本文化の勉強が必要だと感じていますが、自分のできる仕事がどんどん増えていくのは楽しいですね。東放学園は、本格的なスタジオや機材を使って番組制作が学べるし、就職に役立つ「ビジネス日本語」など留学生向けの授業も充実しています。特に留学生向けの求人情報がどこよりも多かったのが、一番よかったです。テレビ業界の知識と技術を学び、さらに先生や他学科の留学生とも交流を深めながら、自分の世界を広げてください!

日本でテレビ番組をつくる夢が叶いました!

日本でテレビ番組をつくる夢が叶いました!

グエン トゥ チャン
アシスタントディレクター
株式会社いまじんCR
ベトナム出身/2016年3月卒業

日本の芸能界に憧れ、日本でテレビ番組をつくりたくて東放学園へ。夢への一歩を踏み出して、今はADとして『サへル・ローズのイチオシNIPPON』 (BS12 トゥエルビ)を担当しています。企画を考えるのはリサーチ力が必要なので大変ですが、毎回違う場所でロケをするのは楽しいです。東放学園で役立ったのは、業界用語などの知識やスタジオの制作実習。また就職の相談はもちろん、企業訪問にまで同行してくれた先生方の就職サポートはありがたかったです。最初は自分の考え方が日本人と違い過ぎて戸惑いましたが、だからこそ、一生懸命に自分の気持ちを伝えようと努力して乗り越えました。みなさんも粘り強く最後までがんばってください!

プロ仕様のスタジオ・機材がそろう環境で、最先端の放送技術が学べる!

プロ仕様のスタジオ・機材がそろう環境で、最先端の放送技術が学べる!

李 承宰
カメラマン
株式会社turn up
韓国出身/2002年3月卒業

カメラマンとしての経験や人脈を活かし、2016年に自ら撮影技術会社を起ち上げました。現在は14人の社員を率いる“プレイングマネージャー”として、『櫻井・有吉THE夜会』 (TBS)、『世界の日本人妻は見た』 (MBS)、『BPM~BEST PEOPLE’s MUSIC~』 (Abema TV)などの現場を担当しています。テレビ番組作りは、夢、希望、笑い、感動を与える仕事。使う機材は変わっても、人と人とがつくりあげていくものですから、コミュニケーションを大切にしながら、ディレクターが求めるものを実現していきたいと考えています。東放学園は、業界に広い人脈があり、先輩・後輩の絆が強い学校。素晴らしい施設と優秀な講師陣のもとで、最先端の放送技術を学び、アジアのエンタメ業界に羽ばたいてください。

報道番組『報道ステーション』の映像エディターを担当しています!

報道番組『報道ステーション』の映像エディターを担当しています!

洪 聖惠
映像エディター
株式会社フレックス
台湾出身/2012年3月卒業

『報道ステーション』『グッド!モーニング』などテレビ朝日の報道・情報番組の映像編集を手がけています。テレビにオンエアされない映像素材を見られるのはこの仕事の魅力ですが、どのカットをどう組み合わせていくかは、ディレクターとのコミュニケーションが求められます。外国人の私にとっては、今でもこれが毎日の課題です。東放学園への求人情報はテレビをはじめとするエンターテインメント業界の求人が多く、一般の求人サイトより充実しています。また留学生センターの先生は、外国人にとって日本の社会や職場事情なども相談ができ、とても心強かったです。将来の夢は番組スタッフとして自分の名前がクレジットされることです。

学んだスキルを活かして、CMの美術デザインを担当しています!

学んだスキルを活かして、CMの美術デザインを担当しています!

朴 イェナ
美術助手
株式会社ダヴィンチ
韓国出身/2015年3月卒業

日本語の勉強をしていたとき、日本の音楽番組の美術セットに興味を持ち、専門的に学べる東放学園に入学しました。現在は美術制作会社でCMを中心に、美術デザインや撮影現場の進行のアシスタントを担当しています。限られた時間内でデザインするのは難しいですが、つくることはやっぱり楽しいし、できあがったCMがオンエアされるととてもやりがいを感じます。東放学園で身につけたことは、美術セットの図面作成に欠かせないVectorworks 3Dやイラストレーターのスキル。また、番組制作実習で学んだ作業の流れや各ポジションの役割分担などの知識も、現場で大いに役立っています。これからもできるだけ長く美術の仕事を続けていきたいです。

“やりたいこと”に国籍は関係ありません。

“やりたいこと”に国籍は関係ありません。

南 ウンジ
アニメ音響
株式会社ポニーキャニオンエンタープライズ
韓国出身/2014年3月卒業

現在、『オーバーロード』『少年ハリウッド』などのテレビアニメをはじめ、外画やゲームの音響を手がけるMAアシスタントを務めています。もともとレコーディングなど音響の世界が好きだったので、現場にいられるだけで嬉しいですね。留学するにあたって不安だったのはやはり日本語。今でも難しいのですが、私がめざしている音響監督という職種は、声優のセリフや演技をジャッジする立場。イントネーション辞典で日本語の勉強や読書が欠かせないし、それが日本語上達にも役立っていると思います。「自分は外国人だから無理」という考え方は私自身は好きじゃないんです。国籍に関係なく、やりたいことを実現するまで、あきらめずにがんばってください!

東放学園ならアニメ制作の全セクションが学べます!

東放学園ならアニメ制作の全セクションが学べます!

蔡 婉儀
アニメ制作進行
株式会社シグナル・エムディ
中国出身/2016年3月卒業

現在は劇場版アニメ『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』などの制作進行を担当しています。スケジュール管理やアニメーターが仕上げた素材の回収が主な業務なので、コミュニケーションが一番大切な仕事。いつもカルチャーショックを受けていますが、素晴らしいクリエイターの方々の仕事ぶりを見るのはとても幸せですね。制作進行は、アニメ制作の全体像をつかむことが大事なポジションです。授業ではアニメ制作の全セクションの知識が幅広く身につくので、入社後も素早く仕事の内容を理解できました。就職活動には少し不安がありましたが、入学時に先生と相談し、目標を定めて2年間がんばり続けました。エンタメ業界は実力勝負。後先かまわず努力することが大切です!

大人気アニメ『ユーリ!!! on ICE』に3DCGとして参加しました!

大人気アニメ『ユーリ!!! on ICE』に3DCGとして参加しました!

劉 シンケイ
3DCGクリエイター
株式会社QREAZY
台湾出身/2015年3月卒業

マンガとアニメが大好きだった私は、「なにもしないより、好きなことをやって後悔するほうがいい!」という気持ちで日本に留学しました。現在はアニメ『ユーリ!!! on ICE』、ゲーム『ぐるモン』など数多くの人気作品の映像制作に関わっています。少人数の会社なので、入社してすぐに即戦力として複数のプロジェクトを任されたのがすごくうれしかったです。アニメのエンドロールに初めて名前が出た瞬間は「生きててよかった!」と思いました。留学は技術や言葉の勉強だけでなく、その国の社会と文化を学ぶことでもあります。外国人だから違いがあるのは当たり前ですが、日本で働きたいのなら、その文化を受け入れる覚悟が大切だと思います。

最新映画では3DCGキャラクターに挑戦!

最新映画では3DCGキャラクターに挑戦!

張 偉偉
3DCGクリエイター
株式会社エヌ・デザイン
中国出身/2016年3月卒業

現在は、2018年に公開予定の映画で3DキャラクターのCGデザインやデジタル映像処理に取り組んでいます。今使っているCGアプリケーションは英語版が中心なので英語の勉強が大変ですが、会社の先輩たちは親切に指導してくれますし、社内の雰囲気もよく毎日が楽しいですね。授業ではコンピュータを使った実習はもとより、映像制作などの実習がとても役立ちました。また就職講座では、履歴書の書き方や面接での受け答えから、企業情報の紹介や企業説明会など幅広く学べてとても役に立ちました。留学生が数多く在籍し、さまざまな文化を受け入れている東放学園は、とても包容力のある学校。初心を大切に、どんな困難も乗り越えてがんばってください!

音楽アーティストのレコーディングでアシスタントエンジニアを担当しています!

音楽アーティストのレコーディングでアシスタントエンジニアを担当しています!

范 錫源
レコーディングエンジニア
有限会社エム・ポイント
韓国出身/2012年3月卒業

2016年に現在のレコーディングスタジオに入社し、アシスタントとして音楽アーティストのレコーティングに関わっています。好きな音楽のレコーディング現場で働きながら、アーティストとプライベートな面でも親密になれることは、仕事の楽しさであり、やりがいです。東放学園は、韓国の学校と比べて音響機材がとても充実しており、数多くの留学生を受け入れてきた実績としっかりしたサポート体制があります。就職活動では学校が提供するたくさんの求人情報が心強い味方になると思います。言葉のハンデがあったとしても、プロへの道が厳しいのはみな同じです。気にせず前向きに挑戦してください。

映画やCMの中で使われている“音”をつくっています!

映画やCMの中で使われている“音”をつくっています!

金 鉉俊
音響効果
株式会社オンパ
韓国出身/2015年3月卒業

僕が勤務しているのは、CMや映画の音響効果を手がける会社です。音響効果は、セリフと音楽以外のすべての音をつくるポジション。日常の生活で感じるさまざまな“音”の体験が、そのまま仕事につながる面白さがあります。もともと日本映画の水準の高さを感じていたし、映像の音響効果を学べる学校がたくさんあるため、日本への留学を決めました。東放学園では、MA、PA、レコーディングと音に関わる3つの職種をトータルに学べたのが、本当によかったと思います。就職活動では、留学支援室の先生にさまざまなアドバイスをもらい、勇気づけてもらいました。今はまだアシスタントですが、将来は映画の音響デザイナーになりたいですね。

留学生センターの先生方に心から感謝します!

留学生センターの先生方に心から感謝します!

陳 麗雪
編集デザイン
エックスデザイン株式会社
中国出身/2016年3月卒業

日本の音楽シーンに憧れて、留学を決めました。ライブ制作の授業では、企画からアーティストのブッキング、宣伝、ライブ当日の運営までを体験することができて、音楽好きの私にとってはとてもいい経験をすることができました。また、留学生センターの先生方にはとても感謝しています。ビザの更新手続の相談にのってくれたり、時には就職活動に身が入らない私を親のように叱ってくれたこともあります。現在は学校で学んだデザインの知識を活用し、広告制作プロダクションに就職しました。クライアントが一般企業であることが多く、まだまだ勉強中です。編集デザインの仕事で経験を積んで、将来は好きな音楽関連の仕事につなげていきたいと思っています。


エンタメオープンキャンパスEntertainment Open Campus

  • 模擬授業を体験しよう!体験入学

    1月14日 (日) ・1月28日 (日)

  • 校舎見学もOK!! 気軽に説明だけ聞きたい方はこちら!学校説明会

    1月13日 (土) ・1月20日 (土)

  • イベント&スペシャル体験入学