小説創作科 2年制専門課程

ライトノベルからミステリー、ラブストーリー。ジャンルを越えた小説の書きかたを学ぶ。

めざす仕事

小説家/ライトノベル作家/マンガ原作者/ゲームシナリオライター/雑誌ライター/編集者/アニラジ構成作家

読者に物語を通じて多くの感動を与える小説家、ライトノベル作家、マンガ原作者などを育成するのが小説創作科です。そのため授業では文章や原稿の書きかたはもちろん、ストーリー構成、キャラクター設定、情景描写など、作家に必要なテクニックを基礎から学び、文章力や描写力、創造力を磨いていきます。

日本初の小説家養成学科。ライトノベルのプロが直接指導!

欧米の大学で一般的な小説家をめざす学科(ライティングクラス)の方法を専門学校ではじめて採用し、1996年に日本初の小説家養成学科として誕生。小説を執筆するためのテクニックから、ライトノベルを書くうえで重要なSFやファンタジーの原理までを学べます。

講義▶課題▶添削▶講評を繰り返し、レベルに合わせた個別指導でスキルアップ。

本科の特長のひとつは、学生一人ひとりの個性やレベルに合わせた“個別指導”。各授業において“講義→課題提出→添削指導→講評”を反復するなかで、講師による丁寧な添削指導が受けられます。そこでは自分では気づけない間違いや弱点を的確に指摘してくれます。ここでは授業で出された課題に対する添削例を紹介。 一人ひとりの個性やレベルに合わせた丁寧な指導例をご覧ください。

 “東京の大手出版社の編集者や小説家がプロデビューのコツをアドバイス。

東京という地の利を活かし、大手出版社の編集者やライトノベル作家が直接指導。プロットや原稿の添削、今求められている小説の傾向や新人賞の傾向、選考突破のコツなどプロデビューを見据えた指導が受けられます。

小説家デビューをバックアップ!「えんため大賞」東放学園特別賞と学内プロットコンペ

小説創作科では、新人賞に応募するための作品を書く力を身につけるだけでなく、各出版社の協力のもと、プロット合評会や原稿添削、学内コンペなども実施しており、学生の作家デビューをバックアップしています。

物語作りの要素を学ぶことで、将来の仕事のフィールドが広がり、就職につながる。

小説を書くテクニックとともに、出版業界の仕組みやニーズを知ることを小説創作科では「小説家の基本=物語作りの要素」としています。「物語作りの要素」とさまざまな実習を組み合わせることで、将来、活躍するフィールドが広がります。

進化し拡大し続けるアニメ業界で活躍できる!アニラジ構成作家を育成。

小説やマンガが人気のアニメ作品となり、声優が出演するラジオ番組やイベントが多数開催され、拡大し続けるアニメ業界。小説創作科では、その現場で全体の構成を考え、進行を担当するアニラジ構成作家を育成します。

卒業後もデビューをバックアップ!卒業生のための勉強会を開催。

卒業後は自分の作品を人に読んでもらう機会が減ってしまいがち。勉強会では持ち寄った作品について意見交換を繰り返し、よりよい作品に練り上げていきます。また“書き続ける”ためのモチベーションも高めることができます。

おもなカリキュラム

小説の書き方

書籍が書店に並ぶまでの工程を理解し、出版界の常識やニーズを作品に反映させる力を習得します。

投稿制作実習Ⅱ

長編小説をジャンルに合った新人賞に応募し、一次選考突破をめざします。

ゲームシナリオ・ボイスドラマ制作

ゲームやヴォイスドラマのシナリオライターに必要な知識と技術を、課題制作をとおし身に付けていきます。

DTP実習

DTPソフト「InDesign」の使いかたを学び、実際に同人誌や卒業文集、文庫を制作します。

高校生限定「ノベル部」現在募集中!

オープンキャンパス 体験入学 模擬授業を体験しよう

エンタメ業界で活躍中!おもな卒業生

学科一覧

  1. 学科一覧
  2. 映画制作科
  3. プロモーション映像科
  4. アニメーション映像科
  5. 小説創作科
  • 資料請求
  • オープンキャンパス体験入学
  • オープンキャンパス学校説明会
  • AO入学エントリー受付中!